決勝で敗れた大坂なおみが『本音』をポロリ! 報道陣への逆質問も?

grape

2018/9/23 16:50

日本時間2018年9月9日、アメリカ・ニューヨークでに行われた、テニスの全米オープン女子シングルス(以下、全米オープン)決勝で、セリーナ・ウィリアムズ選手を破り、初優勝を飾った大坂なおみ選手。

帰国後に出場していた東レ・パンパシフィック・オープンでは、9月23日の決勝に進んだものの、元世界ランキング1位のカロリナ・プリスコバ選手に敗れ、準優勝に終わりました。

凱旋優勝を狙ったものの、経験という意味では格上のプリスコバ選手に4-6、4-6のストレート負け。試合後に行われた会見では、悔しさをにじませながら『大坂選手らしさ』も見せてくれました。

『本音』をポロリ?

「凡ミスが多かった」と試合を振り返った大坂選手。

今大会(東レ・パンパシフィック・オープン)が凱旋試合だったことを告げられると、次のように本音を語りました。

「ここのところ、休む間もなかった。疲れを感じているが、よい試合を続けられた。とても誇りに思える1週間だった」
サンスポ ーより引用帰国後は、イベントなどにも出演していた大坂選手。

「休む間もなかった。疲れを感じている」という本音を語り、ネットには「休ませてあげて」「かわいそう」といった声が上がりました。

シーズン中は世界各国を飛び回り、大会に出場し続けるのがテニス選手の宿命。とはいえ、タフな試合を短期間にこなさなければならない現状に、同情の声も少なくありません。

疲れていても『なおみ節』は健在

疲れが残っていることを明かした大坂選手ですが、『大坂選手らしさ』を失うことはありませんでした。

会見の最後に「全米オープン後のリラックス方法」を聞かれた大坂選手。

すると、こんな逆質問で報道陣の笑いを誘います。

会見の最後に全米オープン後のリラックス方法を問われた大坂は、「それが最後の質問で本当に大丈夫?」と逆質問し、報道陣の笑いを誘った。
サンスポ ーより引用テニスとは無関係の質問に、チクリと釘を刺したようにも…。

それでも質問に対し、しっかりと答えた大坂選手。

「朝食はコンビニで買うけど、ずっと自分の部屋に閉じこもっている。普段ならもっとPS(プレイステーション)をやっているけど、ホテルのテレビでうまく接続できない」と嘆いていた。
サンスポ ーより引用ゲームでリラックスをしているようですね。

大坂選手は、すでに開幕している武漢オープンに出場するため、すぐに中国へ。

2018年10月21日には、年間成績上位8人で争われる『WTAツアー・ファイナル』が開幕します。トップ選手が集う大会への出場を目指し、大坂選手のさらなる活躍が期待されます!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ