【打首獄門同好会・山人音楽祭 2018】うまい棒片手に大人も子どもも熱狂! みんなで叫んだ「働きたくな~い!」

SPICE

2018/9/22 19:45

山人音楽祭 2018【榛名ステージ】 打首獄門同好会


開演直前、お客さんにうまい棒が配られ、万全に準備が整ったところで登場した打首獄門同好会。大澤敦史(Gt/Vo)が「山の神に祈りを込めて、儀式を執り行いたいと思います」言って、「デリシャスティック」からライブはスタートした。河本あす香(Dr/Vo)とJunko(Ba/Vo)の女性リズム隊が繰り出す重戦車のようなグルーヴにのせて、ボーカル大澤がうまい棒の味の種類を連呼。ステージに持ち込んだモニターにも様々な種類のうまい棒の映像が映し出されれば、1曲目から会場は凄まじい盛り上がりだ。

「山人たちよ、お前たちは海の生き物を見たことがあるか!? これは諸外国に伝わる海の国の伝説である」と紹介した「島国DNA」では、三・三・七拍子のリズムにのせて、《まぐろ!まぐろ!まぐろの刺身!》と歌い、お客さんの頭上を魚がぴょんぴょんと跳ね、《ビーフ チキン ポーク》と肉の種類を叫ぶ「ニクタベイコウ!」では、骨付き肉がお客さんの頭上を弾む。
打首獄門同好会
打首獄門同好会
打首獄門同好会
打首獄門同好会

バンド名はおどろおどろしいし、鳴らす音もラウドだが、ひたすら食べ物で攻める歌たちはどこまでもキャッチー。だからこそフロアには、子連れの姿も目立っていた。「今年もこのステージに帰ってきました。相変わらず熱いし、空気が薄い!」と大澤。その言葉のとおり、キャパオーバーの榛名ステージはものすごい湿気と熱気に包まれていた。

「最近はライブばっかりやっていて、特にリリース情報はないのですが、リリースじゃないものを」と披露したのは、Nintendo Switch用ソフト『WORK×WORK』のプロモーション用テーマソングとして、すでにミュージックビデオが公開されている「はたらきたくない」。ひたすら働きたくない理由を、カオティックなサウンドにのせて歌う中毒性溢れるこの楽曲に寄せて、「この山人音楽祭を楽しく過ごして、幸せな思い出を残したところで、(連休が明けたら)全員が同じ気持ちになる」という大澤の言葉には、誰もが激しく同意しただろう。だが、裏を返せば、「働きたくない」と想いながら働き、堪えて汗水を流すからこそ、待ちに待った今日のようなライブの日がかけがえのないものになるのだと思う。
打首獄門同好会
打首獄門同好会
打首獄門同好会
打首獄門同好会

そんな「はたらきたくない」が、新曲にしてすでにライブのニューアンセムの貫禄でフロアを盛り上げたあと、最後は「いま日本人の主食となる食べ物が収穫の時期を迎えている。ここ群馬は北関東。北関東は、関東地方では米どころと言われています。栃木県、茨城県、かなりの成績をあげているが、群馬県の米収穫量全国ランキングを調べてみたら、その順位は……(ドラムロール)30位以下でした!」(大澤)というオチで湧かせた「日本のコメは世界一」でフィニッシュ。今日も打首のライブに死角なし。食べ物ばかりネタにして、エールソングなんて1曲もないけれど、終わってみれば元気になれる。それが打首獄門同好会だ。

文=秦理絵 撮影=半田安政[Showcase]
打首獄門同好会
打首獄門同好会

あなたにおすすめ