【清水ミチコ・山人音楽祭 2018】モノマネ……、いや憑依芸で観客を楽しませまくった清水ミチコ。

SPICE

2018/9/22 18:36

山人音楽祭 2018【妙義ステージ】 清水ミチコ


フェスに芸人が出演するのは珍しい時代じゃなくなったが、音楽ネタをやり続ける清水ミチコがフェスに出るのは極自然な事。今年フェスで彼女のライブレポートをするのは2回目なのだが、前回、「ネタをやります!」と言ってから始めたのが、とてつもなく潔くて、カッコ良かった。今回もハンドマイクを片手に元気よく丁寧に挨拶しながら、ゆっくりじっくり温めていく。

『山人音楽祭』への初出演を「最初で最後になるか、レギュラーになるかはあなたたち次第です! 助けあっていきましょう!」と言い、「向こう歩いてる人はBRAHMAN行く人ですよね! ここにいる人はBRAHMAN行かなかった人ですよね!」と、ちゃんと裏のステージに誰が出ているかも把握している。ちょっとした事なんだろうが、こういう細かい気遣い、痒いところまで手が届くような言動が大事だと改めて思う。まだ何もしてないのに、これだけで観客が一気に心奪われている事がわかる。キャリア30年以上ある方なんで当たり前なのかも知れないが、逆にキャリア30年以上ある方が、ここまで丁寧に進めている事に感動してしまう。
清水ミチコ
清水ミチコ

妙義ステージだけに「私の妙技を楽しんでください! さっき考えました(笑)」なんておっしゃってから、10代から100代(歳)の10世代の有名人モノマネをピアノ弾き語りで披露していく「100年の声の歌」へ。旬の大坂なおみから黒柳徹子、瀬戸内寂聴、懐かしのきんさんぎんさんまで登場するが、ただモノマネするだけでなく、ちょっとした毒があったりするのもたまらない。「Twitterなどに書かないでね!」とひとこと付け加えるだけで、余計に盛り上がる。ライブならではの現場に来て生で観たからこその共有感。完全にひとつになっている。芝生の斜面のとこまで人はみっちりいるし、全員が青空の下で笑っている。あまり簡単に使いたくないが、こういう光景こそピースフルな光景なんだと思った。
清水ミチコ
清水ミチコ

いわゆる芸能人だけでなく、政治家からプロレスラーまでが、童謡やディズニー楽曲にのせて歌われていく。そして、もちろん笑いが絶えない。最後は「山人に来れなかったミュージシャンを私の体に降ろしていきます!」と言ってから、メドレーへ。以前、矢野顕子が清水ミチコと共演した際、単なるモノマネではなく、これはひとつの芸なんだと絶賛した事を未だに思い出すが、その矢野からメドレーは始まる。井上陽水、中島みゆき、研ナオコ、美輪明宏、森山良子、松任谷由実、秋川雅史と、そうそうたる面子が登場したが、やはり忌野清志郎の時は、どうしても必要以上に聞き惚れてしまう。清水が本気で清志郎を好きなのがわかるからこそ、本気で降りてきているというか……、モノマネはモノマネなんだが、本人も降ろすといったように、まさしく憑依芸というか……。

最後は明日のコンサートの告知や年明けの日本武道館の告知をしっかりして、ほっこりした雰囲気に。そんな中、年齢も関係なく、その場にいたフェスキッズたちがみんな「すごかったね!」と言いながら、笑顔で帰っていく姿が、とても嬉しかった。

文=鈴木淳史 撮影=タマイシンゴ

あなたにおすすめ