杉田議員擁護の『新潮45』に新潮社社長がコメント 「何も言ってないに等しい」「火にガソリン」とさらなる火種に

ガジェット通信



同性カップルを念頭に「生産性がない」などと主張する自民党・杉田水脈衆院議員の寄稿を擁護する特集を掲載し、LGBTを巡る表現で批判を受けている月刊誌『新潮45』10月号について、発行元である新潮社が佐藤隆信社長の名義で声明を発表した。

全文は以下の通り。


「新潮45」2018年10月号特別企画について

弊社は出版に携わるものとして、言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してまいりました。

しかし、今回の「新潮45」の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のある部分に関しては、それらに鑑みても、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。

差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。

弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。

株式会社 新潮社

代表取締役社長

佐藤 隆信

(2018年9月21日)


「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」としながらも具体的な対応策や回収の予定などについては触れず、「弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」と結んだ今回の声明に対して、ネット上では、

・ほとんど何も言っていないに等しい

・はあ…?何の答えにもなっていないのだが?

・何このクソみたいな社長声明

・火にガソリンを注ぐスタイル

・口だけじゃなくて、今も本屋に撒き散らされてんだからさっさと回収しろよ

・いっそ出さない方がマシ

・一体誰に向けて何のために出した声明なのかさっぱり理解不能


などと不満の声が噴出している模様だ。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ