柴咲コウ、キスシーンは“納豆の味”? 映画撮影時の後悔を告白

AbemaTIMES

2018/9/21 17:03


 女優の柴咲コウ(37)が20日、都内で行われた薬用オーラルケアブランド「ブレスラボ」の新CM発表会に出席した。

 吐く息のニオイが気にならないことを紹介するため、CM撮影で映画監督の安藤桃子(36)と顔を近づけて会話をするシーンがあったという柴咲。安藤との共演について柴咲は「共演の安藤桃子さんは初めてお会いして、初めての共演だったんですけれど『いきなりがこれか!』とは思いました」と笑い。

柴咲は普段から口臭予防を意識しているといい、映画撮影時に起こった口臭に関するほろ苦いエピソードとして「過去に映画の撮影の時にお昼ご飯に納豆を食べて『あっ! しまった!』と思ったことがあった」と告白。続けて「その相手役の方がすごく優しくて『じゃあ、自分も(納豆を)食べる』と一緒に食べてくれて。その後にキスシーンがあったので、なんてタイミングで食べてしまったんだろうと思いました」と“キスシーン”を控えたタイミングで納豆を食べてしまった失敗を明かした。

司会から「じゃあ(キスは)納豆の味がした?」と聞かれると、柴咲は「いえ、ちゃんとその後にハミガキはしました」と報告。当時の後悔を笑いながら語った。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)

生放送に映画監督の紀里谷和明が乱入! キンコン・西野亮廣の『株式会社ニシノコンサル』▶︎Abemaビデオはコチラ

あなたにおすすめ