マツコ、安室奈美恵の引退に言及「最後テレビでやってよ~」

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より


9月17日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、15日に故郷の沖縄でラストステージを務め、16日に引退した歌手の安室奈美恵さんや安室ファンについて語った。

マツコ、安室の引退に「もっとサービスしてよ~」


この日、東京ドームのファイナルツアーへ行った自称“アムラー”の若林史江が「ファンの間では絶対沖縄で(ラストコンサートを)やるだろう!っていう風な期待もあったわけですよ。けど待てど暮らせど全然沖縄ツアーの情報が入ってこなくて。もう飛行機であるとか何とか考えると、たぶんもう沖縄も無いんだね……と。このまま引退するんだねっていうのは、私たちの間でよく言ってたんですけど。ここにきて急に沖縄ツアーが決まって、ホントのファイナルになったんですけど」と語ると、マツコは「にわか(ファン)ですよ。この人は」とバッサリ。

さらに「昨日ニュースでやってたけどね、9月16日引退ですって発表した時点で、もうファンは絶対に前日その前々日?土曜日にやるだろうと(予想して)ホテルもエアーも抑えてたらしいよ」と、本当の安室ファンの凄さを伝えた。

続けてMCのふかわりょうが「この引き際に関して何かありますか?」とマツコに尋ねると、マツコは「だから私はさ、そんな熱狂的ってわけでもないわけじゃん?」とアムラーではないことを認めた上で「これぐらいのファンの立場から言わせてもらうと、あれが“安室ちゃんらしい引き際”なんだろうけど、最後テレビでやってよ~!とか、もうちょっと最後もなんか(山口)百恵ちゃんみたいにマイクを置くぐらいのさ、なんかちょっとサービスしてよ~!ってちょっと(思う)」と、ライブだけに徹した安室に対し残念そうに語る。

そんな感想を持ってしまう自分自身についてマツコは「ダメなのよね。私もにわか(ファン)なのよね」と認めると、すかさず若林が「そうよ!にわかよ!」と反論し、マツコと激論を繰り広げていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ