レニー・クラヴィッツ、6年前の“巨大ストール騒動”の真相を明かす

セクシーなルックスと歌唱力で幅広いファン層を持つ人気シンガー、レニー・クラヴィッツ。その奇抜なファッションセンスも常に話題にのぼるレニーだが、米時間17日に出演したトーク番組で、2012年にネット上で大拡散されたあるファッションについての真相を語った。

圧倒的なカリスマ性で世界中の女性を虜にしてきたレニー・クラヴィッツ。54歳になった今も、彼のInstagramには体にぴったりフィットしたレザージャケットやベルボトムジーンズなどを着こなした写真が並んでいる。何を着てもサマになるレニーだが、2012年にパパラッチに激写されたある1枚は、今でも語り草になっている。

あれからおよそ6年の時を経て、その噂のファッションについて弁明するチャンスを得たレニー。17日に出演した米人気トーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』にて、その真相を語った。

約6年前に大きな話題を呼んだのは、レニーが身に着けていた“巨大ストール”。ブランケットと見間違えるほどの大きなストールを首から肩にかけて巻きつけたファッションで、ニューヨークの街を闊歩していたレニー。茶色の手編み風ストールは明らかにオーバーサイズで、レニーの膝下まで届いている。

たまたま付近を歩いていたパパラッチに激写されたこの写真は、インターネットで瞬く間に拡散されてしまった。「11月のニューヨークはここまで寒くない!」「そんなに寒いなら、普通はブランケットじゃなくて厚手のジャケットを着るでしょうに」「ブランケットを羽織ってしまう発想がすごい」などこのファッションが大反響を呼んだのであった。

そんな経緯から、『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』でもこの“巨大ストール”ファッションが再び話題に上った。司会者がネットに出回っているこの写真を片手に「この話を持ち出さないわけにはいかないんだ」と切り出すと、レニーは気まずそうに苦笑いし以下のように弁明した。

「俺はバハマに住んでるだろう。だから暑い気候に慣れちゃっててね。この日はちょっと近くの店まで買い物に行こうとしていたんだ。でも喉を保護するためにストールでも巻こうかなって思ってさ。その時、たまたまあったのがこのストールだったってわけ。」

司会者が「レニー、これはどう見てもストールではないよ。ブランケットだよ?」と言いながらその写真を観客に見せると、会場は大爆笑の渦に。レニー本人も笑っていたが「責めるならこのストールを作った本人を責めてくれよ。これは彼からの手作りのプレゼントで、この日たまたま初めて使おうと思ったんだ。もちろん外でパパラッチに激写されるなんて思ってなかったけどね。」

実はこのレニーの“巨大ストール”エピソードには、まだ続きがある。この画像は加工され、年々さらに巨大化しているというのだ。番組内でも300%くらい拡大されたストールを巻きつけたレニーの姿が紹介され、会場は再び爆笑の渦に巻き込まれたのであった。

レニーのInstagramには、「番組でも実物を披露してほしかった」「ブランケットを羽織ってもサマになるなんてさすが!」「何を着てもファッショナブル!」と視聴者からたくさんのコメントが届いている。

レニーといえば、スウェーデン・ストックホルムでのコンサート中にレザーパンツの股の内側の部分が裂け、局部が飛び出すという2015年の「ポロリ事件」も記憶に新しい。しかしどんなに人々にネタにされようとも、レニーは自身のスタイルを変えることはない様子だ。

いささか“先取りしすぎ”な感もあるレニーの“巨大ストール”ファッションだが、果たしてこのアイテムはこの冬もお目見えすることはあるのだろうか? そして次は一体どんなぶっ飛びスタイルで人々を楽しませてくれるのか? ロック界の重鎮が見せる冬のファッションからは、まだまだ目が離せない。

画像は『The Tonight Show 2018年9月18日付Instagram「@lennykravitz can’t escape his scarf meme #fallontonight」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ