白洲迅、栗山千明の相棒に『サイレント・ヴォイス』佐伯大地のゲスト出演も決定

テレビドガッチ

2018/9/20 11:30

栗山千明が主演する新ドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(BSテレ東、10月6日スタート、毎週土曜、21:00~)に、若手俳優の白洲迅と宇梶剛士がレギュラー出演することがわかった。また第1話には、2.5 次元ミュージカル『刀剣乱舞』で人気上昇中の佐伯大地がゲスト出演することも発表された。

本作は、2010年に「このミステリーがすごい!大賞」の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの『サイレント・ヴォイス』を原作にした心理サスペンス。栗山が演じる女性刑事・楯岡絵麻は、人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取ることができる行動心理学の使い手。営利誘拐や連続殺人、爆破予告、警察への挑戦など、数々の難事件の容疑者は、占い師や女優に弁護士など、上手に嘘をつく手強い相手ばかり。取調室を舞台に、絵麻は被疑者の習慣や仕草、行動パターンなどから嘘を見破り、事件を解決していく。

そんな絵麻の相棒・西野圭介役を演じる白洲は、「主演の栗山千明さんと相棒役で共演できることや、刑事モノということで、どんな事件が描かれ ていくのか、とても楽しみに思いました。心理学を駆使した取り調べは、とても面白いと思いました。特にマイクロジェスチャーには、役者としてもとても興味を惹かれました。心理サスペンスなのですが、コメディー要素も強く、とても演じごたえがありそうだなと思いました」と、作品に対する印象を語った。

前クールで『刑事7人』(テレビ朝日系)に出演し、注目を集めた白洲。今回の役どころについて、「コメディー的役回りも多く、いろんな表情が要求されるので、顔の筋肉を総動員して、全力でやっています(笑)。絵麻さんと良い凸凹コンビになれたらと思います。とは言え、西野も捜査一課に配属されるくらいの刑事ではあるので、締めるところは締めてやっていきたいと思います」と、意気込みを述べた。

そして、絵麻の上司・筒井道大役を演じる宇梶は「主演の栗山さんとは今年6月『銀河鉄道999』(BSスカパー)で初めて共演して、今回またご一緒できるという事で、心躍る思いです。刑事役はこれまでも何度か演じていますが、細かいところよりもはっきりと見えているものを意識して演じられたらと思います。取調室の迫力あるシーンなどで、自分に弾みをつけてやっていきたいです。レギュラーキャストとのシーンが多いのですが、皆さんと毎回会うことで生まれるものを楽しみたいし、現場で受ける刺激や、そこに流れる空気感を大切にしていきたいですね。台本を読んだ時、このドラマ、本当に面白いと思いました(笑)。皆さんにも、被疑者の嘘を見破れるかどうか、ぜひ楽しんでもらいたいですね」とメッセージを寄せた。

<第1話あらすじ>
行動心理学という特殊な技術で相手の嘘を見抜き、表面からは読み取れない隠された真実を暴 く美貌の女刑事・楯岡絵麻。6歳の少女を誘拐した容疑で崎田(佐伯)という男が 逮捕されるが口を割らない。捜査本部は同時期に発生したバラバラ殺人事件にも追われ行き詰 まってしまう。絵麻は崎田の嘘を見抜き少女の居場所を突き止めるが……。

あなたにおすすめ