どんな料理もオシャレになると話題の皿「スレートプレート」を使ってみた結果…



料理にとって味と同じく重要なのが盛り付けだ。プロでもない限りそこまでこだわることはないかもしれないが、家の食卓にオシャレな一品があると、それはそれで嬉しいものである。

ということで今回目を付けたのがニトリで販売されている、どんな料理も盛り付けるだけでオシャレになると話題の皿『スレートプレート』だ。しかし本当にオシャレになるのだろうか? 実際に使ってみることにしたぞ。

・ラインナップは全3種
2018年9月18日現在、ニトリで販売されているスレートプレートのラインナップは全3種。20×20cmのSサイズ(税込399円)、40×13cmのMサイズ(税込498円)、30×20cmのLサイズ(税込498円)となっている。

ニトリの公式通販サイトによると「スレート」は薄い板状の岩が何層にも積み重なった「粘板岩(ねんばんがん)」という天然素材。日本では屋根瓦や硯(すずり)などで古くから親しまれ、欧米では食卓の定番アイテムになっているらしい。

冒頭でもお伝えした通り、どんな料理も盛り付けるだけでオシャレに見えるとネット上で話題になっているが本当なのか?。筆者はさっそくニトリでスレートプレートをGETしてからスーパーで食品を購入した。よし、これで役者は揃ったぞ。

・おつまみやお菓子を盛り付け
まずはSサイズのスレートプレートにおつまみやお菓子を盛り付けることに。内容は柿ピーや珍味、アルフォート、ベビーチーズなど、おなじみの顔ぶれだ。特にお洒落な感じがするものでもないが、果たして結果はいかに。

それぞれパッケージから出して並べてみたら……

おっ!

なんかお店っぽくなった。

・助六寿司のセットを盛り付け
続いて、Mサイズのスレートプレートに助六寿司のセットを盛り付けてみる。内容は太巻き、カッパ巻き、かんぴょう巻き、いなり寿司と至って普通だ。

さすがにコレは印象があまり変わらないかもなぁ、と思いきや!!

キタッ!

オシャレでありながら高級感も出た気がする。

・どこまでもオシャレ
最後にLサイズのスレートプレートにはフランスパン、カットサラダ、プチトマトという朝食なんかにピッタリの組み合わせを盛り付けだ。

トーストしたフランスパンと半分に切ったプチトマトをカットサラダと一緒に皿に乗せて、仕上げに塩をパラパラふりかけたら……

オシャレすぎィィィイイイイイーーーーー!!!

ていうか、もうこうなったら野菜丸ごとでも良い感じになるんじゃないか? ということでキュウリと人参をのせてみたところ、

さすがにそのままだった。

それはさておき、盛り付けた料理を自分でも食べてみたが、まるでお店にいるような気分が味わえたぞ。来客時のおもてなしはもちろん、何にでも合うので日常使いするのもアリかもしれない。

ちなみにこのスレートプレート、ニトリのほかに大手100円ショップなどでも販売されているようだ。興味のある方はぜひ気軽に試してみてはいかがだろうか。

参考リンク:ニトリ「スレートプレート」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ