『東京モーターフェス2018』が10月6日~8日に開催。「バブル時代の名車」「e-スポーツ」「痛車」など、さまざまなコンテンツがお台場で楽しめる

clicccar

2018/9/20 10:15


2018年10月6日~8日の3日間、お台場で開催される「東京モーターフェス2018」は日本自動車工業会が主催し、大人から子どもまで1人でも多くの来場者を集めたい! と非常に充実したメニューとなっています。

中でも注目は3つのコンテンツ。1つめの「バック to the バブル」は、バブル期の車、バイクを展示。「IDOM-ガリバー」の協力のもと、購入できるバブル期の車両も用意されます。

さらに、「登美丘高校OG」×クルマのフォーメーションダンスが披露されます。ピストン西沢氏のプロデュースのもと、大阪府立登美丘高校OGとドリフトユニット「チームオレンジ」の共演が繰り広げられるそう。

「e-スポーツ」では、モータースポーツカテゴリーの「e-circuit」を開催。「グランツーリスモ」のリージョンチャンピオン決定戦や、エキシビションとして自動車メーカー対抗戦も開催されます。

「痛車天国in TMF」も3大コンテンツのひとつ。200台超が集まる予定だそうで、コスプレイヤーなども集結する予定です。※「お台場痛車天国2018の模様」

ほかにも、見どころは満載。ラリー参戦車の同乗試乗、二輪、四輪のレース参戦車、ハイパフォーマンス車、はたらくクルマの展示。オフロード同乗試乗体験やトライアルバイクショー、親子バイク教室、女性向け運転講習やファミリー向けモデルの試乗体験などを用意。

子ども向けのイベントも充実していて、SUBARUキッズカート、トヨタのタイヤチャレンジ(タイヤ交換)、ダイハツのコペン・ドレスフォーメーションの着せ替えデモ、人気のトミカブースも出展されます。

さらに、10月6日(土)には、ゲストとしてマツコ・デラックスのトークショーが開催されるほか、トヨタが初公開する立ち乗り型パーソナルモビリティ試乗体験なども予定されています。

会場は、お台場第一特設会場(青海地区R区画)、お台場第二特設会場(青海地区NOP地区)、お台場のセンタープロムナード、MEGA WEBと広範囲にわたっていていますので、公式サイトを参照のうえ、お目当てのコンテンツを狙って向かうのがよさそうです。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

東京モーターフェス2018
https://tmfes.com/

あなたにおすすめ