栗山千明の目力に対し、相棒・白洲迅は「顔の筋肉総動員」!?

ザテレビジョン

2018/9/20 07:00

10月6日(土)から放送される「土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』」(毎週土曜夜9:00-9:54、BSテレ東)に、白洲迅と宇梶剛士の出演が決定した。

同ドラマは、行動心理学という特殊な技術で相手のうそを見抜き、被疑者を100%自供に追い込む女性刑事・絵麻(栗山千明)の活躍を描く。

白洲は、絵麻の相棒で少し頼りない刑事・西野役、宇梶は絵麻の上司・筒井を演じる。

そして、2.5次元ミュージカル作品「ミュージカル『刀剣乱舞』」での演技が注目された若手俳優・佐伯大地がネットカフェ難民の被疑者として、第1話に登場する。

第1話は、6歳の少女を誘拐した容疑で崎田(佐伯)が逮捕されるが、口を割らないでいた。捜査本部は同時期に発生したバラバラ殺人事件にも追われ、行き詰まってしまう。

そんな中、絵麻は崎田のうそを見抜き少女の居場所を突き止めるが…といったストーリー。

さらに今後、津田寛治や堀内敬子らが一癖も二癖もある被疑者役を務め、絵麻と心理戦を繰り広げる。

■ 白洲迅コメント

――台本を読んだ感想を教えてください。

心理学を駆使した取り調べは、とても面白いと思いました。特にマイクロジェスチャーには、役者としてもとても興味を引かれました。

心理サスペンスなのですが、コメディー要素も強くとても演じごたえがありそうだなと思いました。

――主演の栗山さんの印象を教えてください。

凛としたイメージを持っていたのですが、実際お会いして話してみると、とても気さくで、壁を感じさせないすてきな方だと感じました。

――これまで数々の刑事役を演じてこられてきましたが、西野を演じるにあたり、役作りで意識したことや心がけていることはありますか?

今回コメディー的役回りも多く、いろんな表情が要求されるので、顔の筋肉を総動員して、全力でやっています(笑)。絵麻さんと良い凸凹コンビになれたらと思います。

とはいえ、西野も捜査一課に配属されるくらいの刑事ではあるので、締めるところは締めて、やっていきたいと思います。

――ドラマの見どころ、視聴者の皆さんに楽しんでもらいたいポイントはありますか?

行動心理学を軸に、事件がひも解かれていきますが、普段使えるようなものから、知ってしまうとちょっと怖いような心理学もあったり、楽しんでいただけると思います。

視聴者の皆さんもぜひ、犯人の心理を読みながら、事件を推理してみてください。絵麻さんと西野のなかなかかみ合わないやりとりにも、ちょっとクスッとしてもらえたらうれしいです!

■ 宇梶剛士コメント

主演の栗山さんとは、ことし6月「銀河鉄道999」(BSスカパー)で初めて共演して、今回またご一緒できるという事で、心躍る思いです。取調室の迫力あるシーンなどで、自分に弾みをつけてやっていきたいです。

レギュラーキャストとのシーンが多いのですが、皆さんと毎回会うことで生まれるものを楽しみたいし、現場で受ける刺激や、そこに流れる空気感を大切にしていきたいですね。

台本を読んだ時、このドラマ本当に面白いと思いました(笑)。皆さんにも、被疑者のうそを見破れるかどうか、ぜひ楽しんでもらいたいです。

■ 森田昇プロデューサーコメント

衣装合わせの段階から栗山さんの華やかさは圧倒的で、本編やポスタービジュアルがあがるのが楽しみです。撮影は密室の中での芝居が長く続きます。

撮る方も工夫して質感など挑戦的な画作りに励んでいます。壮絶な目力の栗山さんが徐々に被疑者を追い込んでいく演技は、周りで見ているスタッフの我々も非常に消耗するほどの迫力であり、また時間を忘れ、あっという間に過ぎるような楽しい映像でもあります。

とはいえ、白洲さんや宇梶さんが大変すてきに脇を固めていただけることで、シリアスからコメディーまで見ごたえ十分となっています。

白洲さんのかわいらしいギャグや怒鳴り散らしてテーブルを叩く宇梶さんのすごみは目を離せません。毎回登場する強力なゲストとなる被疑者も、とても味わい深く大変個性的で楽しめると思います。ご期待ください。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/162749/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ