欅坂46・平手友梨奈、ファン公言する東野幸治に”塩対応”

画像は、平手友梨奈さん 公式プロフィールページより


9月16日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、映画『響-HIBIKI-』で映画初出演にして初主演を務める欅坂46の平手友梨奈が監督の月川翔とともに登場。平手ファンを公言する東野幸治が「めちゃめちゃ会いたかった!」と大興奮する一幕があった。

「最初監督を信用してなかった?」に平手「うん」



オープニングでフットボールアワーの後藤輝基が「誰が一番喜んでるって東野さんが一番喜んでる」というと東野は「やった!めちゃめちゃ会いたかった!」と大喜び。「大ファンなんですって」という後藤に平手は「ありがとうございます」と小声。

東野は「本番前も挨拶していただいたんですけど、うわー!って行くと怖がると思って、普通に『あ、どうも』っていう。心の中ではめちゃめちゃ喋りたいし、ずっと追っかけてますから」と声を弾ませる。

続いて東野が出演番組で平手について語っているVTRが流され、これを観た平手は「すごいありがたいです」と一言。「東野さんとかどういう印象ですか?」と質問する後藤に平手は「(HKT48)指原さんから『東野さんがすごい好きだって言ってたよ』っていうのは聞いて、あっそうなんだっていうのは知りました」と話す。後藤が「耳に入ってたんだ。そこから意識的に東野さんの番組観るとかそういうのはありました?」と尋ねると平手は無言で首を横に振った。

次に後藤が「どうでしたか?(撮影)現場では」と尋ねると月川は「リハーサルしましょうと呼んでも『今日はちょっと……』というタイプの人だった」と明かす。「完全に主導権は平手さんなんですか?」という東野に「思うようにならなかった。最初は本当に目も見てもらえなくて」と月川。

東野は「監督の存在って何なんですか」と軽くツッコミを入れて「最初監督あんまり信用してなかった?」と尋ね、平手は「うん……」と小さく答えた。

後藤が「だんだんこの人(月川)は話の分かってくれる人だみたいな?」と聞くと平手は「そうですね。どういう方なんだろうっていうとこから入っちゃうんで。(月川は)いろいろ話してくれて」と静かな口調で語っていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ