あれ? もしかして嫌われた? 男性が混乱する女性の言動




“女心と秋の空”――たしかに、女性の気持ちは変わりやすいものです。たとえば仕事が忙しかったり、暴飲暴食をしてしまった翌日など、ちょっとした気分によってもなんとなく気乗りがしなかったりするものです。あるいは、全然そんなつもりはなくても“気が逸れて”しまうこともあるかもしれません。
でも、お付き合いをする前のデートでは要注意! まるで乱気流なあなたの気分の変化についていくことができず、たとえ「今日こそ気持ちを伝えよう!」と思っていたとしても、たちまち自信がなくなって告白をストップしてしまう可能性だってあり得る話なのです。

こんな言動は男性をうろたえさせるかも

急に喋らなくなる



「初めてふたりで食事をした帰り道『急いで終わらせた仕事の疲れが出た』と一言だけ言って、会話を放棄されました。食事自体は良い感じだったし、また会いたいなどの連絡が来てはいるものの、こちらから連絡はしていません」(製造/30歳/男性)

▽ いくら疲れているとはいえ、会話自体を放棄してしまうのはNGです。自分を大切にするのはとても良いことだと思うのですが、自分本位でものを考え過ぎるのはステキ女子からは程遠い行動だといえるのではないでしょうか。とはいえ、疲れているときは色々なことに気が回らないことも多々ありますから、“究極に疲れが溜まっているときは会わない”など、何かしらの対策を講じたいところですね。

顔を背けるようにして話す



「目があったときに視線を落とすのはかわいいと思うんだけど、常にこっちを見てもらえないというのは、いくらそれらしいアピールをされても実は嫌われているんじゃないかと混乱する」(建築/26歳/男性)

▽ 体の向き、顔の向き、視線などを気にする男性は少なくないようです。照れ屋さんが災いして、どうにも恥ずかしくなってしまって彼の顔を見れないのだとしても、明らかに背け過ぎるのはNGです。たとえばこれは対面での写真を撮影したいときにもよく使うテクニックになるのですが、相手の鼻を見ると相手の目を見ているように錯覚させることができるんです。多少離れていればこの方法で視線の先をごまかすことも可能なんですよ。勘違いされて距離を置かれてしまうくらいなら、恥ずかしくても相手の鼻を見られるよう努力してみて!

まわりくどい言い回し

「女性特有の言い回し、はっきり言って何が言いたいのかわからないです。つい最近もそれで『話が通じない!』って怒らせてしまって……。女心を察せないって怒られてるんだから、告白してもどうせダメだろうな~」(フリーランス/25歳/男性)

▽ 相手の迷惑になってもいけないし、負担にもなりたくない。自分を押し付ける感じになるのも嫌だからと思って言葉を選んで発したまわりくどい言い回し……でも、きっとそれって男性にとっては超難問のクイズのようなものなんでしょうね。しまいには「だから何⁉」と思ってイライラしてくることもあるそうなので、気をつけなければいけません。

いかがでしたか? 若干“単純”な気がするかもしれませんが、なるべくわかりやすい言動を心がけるようにしていくことが、恋を発展させるために必要なことだといえそうです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ