角栓を取るよりも、毎日のスキンケアで角栓を作らせないことが重要!

美beaute

2018/9/19 06:00


きちんとスキンケアをしても角栓ができるのはターンオーバーのせい?



角栓を取るよりも、毎日のスキンケアで角栓を作らせないことが重要!

古い角質は、肌が健康でターンオーバーが正しく行なわれていれば自然に剥がれ落ちていきますが、ターンオーバーが乱れていると古い角質が剥がれ落ちずに、さらに別の古い角質が加わって角栓がどんどん成長していくと言われています。角栓は洗顔時や入浴時などに水を含んで膨らむため、顔を洗ったあとに鏡を見ると角栓が目につき、今すぐ取り除きたい!と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

角栓を作りにくくするスキンケアの基本



角栓を取るよりも、毎日のスキンケアで角栓を作らせないことが重要!

角栓が気になり出すと毛穴パックやピンセット、毛抜きや爪などを使って取りたくなってしまいますが、無理矢理角栓を取ろうとすると、肌が刺激から守ろうとして角質細胞を作り出していきます。すると、余計に角栓ができやすくなったり、ぽっかり開いた毛穴に汚れが溜まって詰まり毛穴の原因になる場合もあるので、無理なケアは避けましょう。白い角栓を作らせないためには、丁寧なクレンジング・ホットタオルを当ててからの洗顔・保湿ケアがポイントです。

メイクや皮脂汚れなどの洗い残しがあると角栓になりやすいため、まずはその日のうちにきちんとメイクを落とす習慣をつけましょう。しかし、メイクを完璧に落とそうとして肌を擦ると刺激になるので、優しく丁寧にマッサージするようにメイク汚れを浮かせてくださいね。

そして、クレンジング後はホットタオルを当てて毛穴を開かせてから洗顔に取り掛かります。ホットタオルを当てることにより、角栓が柔らかくなって取り除きやすくなったり、血行が促進されて肌の新陳代謝を高める効果も期待できますよ!

洗顔はぬるま湯で予洗いして洗顔料をたっぷり泡立ててから肌に直接触れないように優しく洗いましょう。皮脂が溜まりやすい小鼻の周りなどは特に念入りに洗ってから、洗い残しがないようにきちんと流してくださいね。

肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れるため、すばやく保湿ケアに取り掛かります。白い角栓ができやすい小鼻や小鼻の周りは皮脂によりしっとりしているため、お手入れが手薄になりやすい部分ですが、化粧水を含ませたコットンパックをしたり、潤いで満たすことが大切ですよ。クリームや乳液を優しく押さえるように馴染ませたら完了です。

インナーケアを見直すことも角栓予防への近道



丁寧なクレンジングや洗顔、保湿ケアを行なうと同時に、ターンオーバーを整えるためにも質の良い睡眠の確保、バランスの良い食事などを心がけていきましょう。スキンケアと生活習慣を見直して角栓ができにくいつるんとしたたまご肌を手に入れてみてくださいね。

 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ