特別展『日本を変えた千の技術博』が国立科学博物館で開催 明治天皇やエジソンゆかりの資料などを公開

SPICE


特別展 明治150年記念『日本を変えた千の技術博』が、2018年10月30日(火)~ 2019年3月3日(日)まで、国立科学博物館(東京・上野公園)で開催される。

今年は、明治元年から起算して150年の節目となる年。日本は明治維新により立憲政治や議会政治を西洋から導入し、政治・経済システムを大きく変えた。これは、西洋技術を積極的に導入し、産業構造を大きく変え、変革に沿った新しい教育体制を構築していくなど、科学・技術が日本の社会システムを「一新」していくことでもあった。時刻制度や度量衡、そして貨幣価値が変わる。西洋技術の導入による大変革は、多くの国民にとってまさに驚きと戸惑いだったことだろう。
「ミルバーン電気自動車」 所蔵:国立科学博物館
「ミルバーン電気自動車」 所蔵:国立科学博物館

本展は、このような明治時代の日本人と西洋技術の出会いがどのような驚きをもたらしたのかを紹介するところから幕を開ける。続いて、人々の暮らしや機械産業、化学産業、農業、街づくり、そしてコミュニケーションなどの分野における日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料のほか、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを交えて、たっぷりと紹介していく。

見どころ1:日本の科学・技術の発展を示す重要文化財や貴重な資料が集結

「コマツブルドーザーG40」 所蔵:コマツ
「コマツブルドーザーG40」 所蔵:コマツ

日本各地の大学・研究機関や企業などから、600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に集結。科学者・技術者の発明 ・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、“日本を変えた千の技術“をたっぷりと紹介していく。
「蘇言機」 所蔵:国立科学博物館
「蘇言機」 所蔵:国立科学博物館

なかでも、 「重要文化財」や「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、「でんきの礎」、「未来技術遺産」に認定された約40点の資料は特に注目となっている。

見どころ2:日本を変えた科学技術の研究・開発エピソードと、当時最先端のデザインが集まる

「コスモスポーツ」 所蔵:国立科学博物館
「コスモスポーツ」 所蔵:国立科学博物館

新しい技術に接した時の人々の驚きや、高い技術力が醸し出す機能美を追体験することができる空間が登場。世界に誇る科学・技術をつくり出した人物や世の中との関係にまつわるエピソードを多数取り上げ、わかりやすく解説する。
「世進電話雙録」(部分) 所蔵:国立科学博物館
「世進電話雙録」(部分) 所蔵:国立科学博物館

見どころ3:明治天皇やトーマス・エジソンゆかりの資料を特別公開

「エジソン クラスM」 所蔵:国立科学博物館
「エジソン クラスM」 所蔵:国立科学博物館

明治150年を記念する展示として、国立科学博物館が所蔵する明治天皇やエジソンゆかりの資料を特別に公開。なかでも、エジソンが明治天皇に献上した蓄音機「エジソン クラスM」は必見だ。
「エジソン ホームキネトスコープ」 所蔵:国立科学博物館
「エジソン ホームキネトスコープ」 所蔵:国立科学博物館
「電気扇」 所蔵:国立科学博物館
「電気扇」 所蔵:国立科学博物館

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ