アンジャ児嶋“動物嫌いキャラ”を卒業! 飼い始めたマルプーをインスタで紹介

動物嫌いを自認していた児嶋一哉(アンジャッシュ)が、15日のインスタグラムで犬を飼うことになったと報告。以降、愛犬の写真や動画を連続投稿し、その豹変ぶりがフォロワーを驚かせている。

15日の『児嶋一哉 kojikojikoji47 Instagram』では、飼い始めた子犬のマルプー(マルチーズとトイプードルのミックス犬)が紹介されている。性別は雌で、名前は“ネネ”ちゃん。動物が嫌いな児嶋だったが、「あれっ? かわいい!」と愛おしくなってきたという。そして翌日には床拭きロボットをネネちゃんが怖がっている様子の動画や、「なついてきてるかな?」と児嶋がネネちゃんを抱えたり、撫でている写真を公開。もうすっかり、ネネちゃんにぞっこんだ。

フォロワーは「えっ、やだ! 犬も可愛いけど児島さんもとてもキュート」「ネネちゃん、オオシマにたくさん愛されてね」「児島だよさんも優しい顔になってる」「児嶋さんの新たな一面も見れそうで楽しみです」「ギャップ萌えするわ~」と児嶋一哉のメロメロぶりに目を細め、これからの愛犬日記も楽しみにしているようだ。



画像は『児嶋一哉 2018年9月15日付Instagram「動物嫌いの私が犬を飼う事になった。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ