市川海老蔵、三宅健 出演【六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』】2019年2月開幕決定

Billboard JAPAN

2018/9/17 19:00



市川海老蔵、三宅健が出演し、三池崇史が演出する、六本木歌舞伎第三弾【羅生門】が、2019年2月22日から3月10日に、EXシアター六本木、大阪、札幌にて上演されることが決定した。

2015年2月、EXシアター六本木で六本木歌舞伎の幕は上がった。演目は【地球投五郎宇宙荒事】。市川海老蔵と中村獅童の歌舞伎への熱い想いから始まった宇宙規模の新作歌舞伎では、脚本に人気脚本家の宮藤官九郎、演出に“日本一忙しい映画監督”という異名をとる鬼才・三池崇史が参戦。超多忙な四人が奇跡的に集まり、見事な化学反応を起こし、公演は連日満員の大盛況のまま幕を閉じた。

更に2017年2月、第二弾では、超売れっ子マルチタレントのリリー・フランキーが新解釈で描き出した【座頭市】を、前作に引き続き、三池崇史が演出。出演には海老蔵に加え、三池の熱望により日本を代表する女優 寺島しのぶが登場。海老蔵と寺島しのぶの22年ぶりの共演が実現し、大きな話題となった。海老蔵の代名詞とも言える“眼力”を封印した本公演は海老蔵の新たな境地を開いた。

そして第三弾となる今回は、芥川龍之介の代表作【羅生門】。演出は第一弾から引き続き三池崇史が担当。出演は海老蔵、そして共演には歌舞伎初出演となる三宅健が決定。生きるための悪という人間のエゴイズムを克明に描いた文学作品を、三池がどう解釈し、どのように見せるのか。海老蔵と三宅健の共演が作り上げる世界とは。三人からコメントが届いている。

◎コメント
・市川海老蔵
今回で3回目となります、六本木歌舞伎。芥川龍之介の『羅生門』に、三池監督、三宅健さんと共にチャレンジします。
人間のエゴイズムを描いた名作を、歌舞伎という舞台でいかに表現するのか。今からとても楽しみにしています。
日本各地で自然災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りいたします。

・三宅健
海老蔵さん、三池監督、憧れのお二人とお仕事をご一緒させていただけることを大変光栄に思います。
悪と正義の存在理由。三池監督が描く羅生門の世界を追求できる喜びを噛み締めています。
各地での度重なる災害に胸が痛みます。
皆さんの日常が一日も早く戻りますよう心よりお祈り申し上げます。

・三池崇史
芥川龍之介も驚嘆!歓喜!やっぱ歌舞伎は面白い!が私のテーマです。
芥川龍之介×市川海老蔵×三宅健!何かが起きぬワケが無い。六本木歌舞伎、ここに極まる!

◎公演概要
六本木歌舞伎 第三弾『羅生門』
<東京公演>
期間:2019年2月22日(金)~3月10日(日) 
会場:EXシアター六本木
<大阪公演>
期間:2019年3月13日(水)~3月17日(日)
会場:オリックス劇場
<札幌公演>
期間:2019年3月21日(木・祝)~3月24日(日)
会場:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ