たけし、『27時間テレビ』で『ニュースキャスター』欠席した件に言及「2つテレビをつける人だっている」

ビートたけしが9月15日、メインキャスターを務める『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で先週の生放送を欠席した件に触れた。9月8日の18:30から始まったフジテレビ系『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』でビートたけしと村上信五関ジャニ∞)がMCを務めたため、『ニュースキャスター』には出演できなかったのだ。

15日の『ニュースキャスター』では、前回8日の放送で「ビートたけしさんは『27時間テレビ』に出演のためお休みです。いつもよりスタジオが寂しくなっています」と説明した安住紳一郎アナウンサーが、冒頭のあいさつを終えてから「さて、先週はたけしさん、『27時間テレビ』お疲れさまでした」と切り出した。

苦笑しながら「どうもすみませんでした、いろいろ局の都合がありましてですね!」と頭を下げるビートたけし、「(こちらに)出たくてしょうがなかったんですけど、どうも上手くいかないものでそういうことは」と続けるので、安住アナが「そうですか~」と受け止める。

安住アナから「不文律がありまして。片方の放送局に出ている時間は違う放送局には出ないという」と説明すると、たけしは「いつからそんなこと決めたんですかね?」と納得できないようだ。

さらに「いいじゃねえかって思う。2つテレビをつける人だっているわけだから」と訴えるが、安住アナがそれ以上の深入りを避けるように「まあ、そういうことですが…私たちが労うのもなんですが、お疲れさまでした」と区切って話題を変えた。

たけしが言うように、以前は裏番組に同じ芸能人が被って出演することが少なくなかった。いつの頃からか「基本的に芸能人は裏番組と重複出演してはいけない」という業界における暗黙のルールができており、その理由は「番組のスポンサーに対する配慮」とされている。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ