乃木坂46白石麻衣、スカパラ&さかなクンとコラボ


アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣が、17日(12:00~21:48)にテレビ朝日系で放送される大型音楽特番『ミュージックステーション ウルトラFES 2018』に出演。東京スカパラダイスオーケストラ、さかなクンとコラボし、「Paradise Has No Border」を披露する。

同曲が使用されたCMでは、これまでに志村けん、高橋一生、浜野謙太といったさまざまな人物たちとコラボしてきた東京スカパラダイスオーケストラ。その中でも、さかなクンが加入し黒いスーツ姿でバスサックスを演奏しているものと、白石が太鼓半纏に身を包み、和太鼓を叩いているものは大きな話題を呼んだ。

『ウルトラFES』ではその3組がコラボし、「Paradise Has No Border」を披露する。

コラボについて東京スカパラダイスオーケストラは、「違うジャンルのアーティストが集まり、全員が真剣に演奏しているところが見どころ。CM撮影のときに合わせた以来だったので、演奏を合わせるのは大変かとも思いましたが、みんなさすがプロ!というばっちりな仕上がりになっています!」と自信を見せる。

また、さかなクン、白石のそれぞれの印象についても「さかなクンはいつどこにいてもさかなクンで、スカパラメンバー全員いつも会う度に元気をもらっています。白石さんは幼少の頃に少し嗜んだことがあったものの、それ以来初めてCM撮影の際に和太鼓を演奏したそうなのですが、以前から練習をかさねていた様で、手にマメをつくりながらも一生懸命演奏している姿がとても魅力的に映りました」と絶賛していた。

あなたにおすすめ