エビ中柏木ひなた 念願のセカンド写真集「3年前のほうが大人っぽかったんじゃないか…」

dwango.jp news

2018/9/15 20:40


私立恵比寿中学の柏木ひなたが15日、都内でセカンド写真集『Dear.』(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

同写真集は、かねてより「19歳でセカンド写真集を出したい」という夢を語っていた柏木の念願の写真集で、豊かな自然と素朴な街並みが残る石垣島と竹富島で撮影を敢行。全日程晴天に恵まれながら、柏木のキラキラした弾ける笑顔やのびのびとした健やかな姿など“19歳のひなたの今”を収録している。

そんな写真集を手にした柏木は「『19歳でセカンド写真集を出したい』と生誕ソロライブで大声で言って、今回こうやって叶えることができて嬉しく思っています」と目を輝かせ、どんな写真集にしたいと思っていたか尋ねられると「あと半年くらいで20歳になるということで、大人になる手前だったので、大人っぽい自分もありつつ、まだ10代でいられる私のガキっぽいところも(笑)たくさん出ればいいなと思っていました」とコメント。実際に出来上がった写真集を見た感想については「自分でも“こんな表情していたんだ”って思うくらい、たくさんの表情を撮っていただいて、基本、常に笑っていたんですけど、笑顔をいつも大事にしているので、それが入っていて嬉しかったです」と満足気な表情を浮かべた。



また、リスザルを腕に乗せているカットが1番お気に入りだという柏木は「四コマ漫画みたいな感じなんですけど、私、リスザルがすごく好きで、(ロケ地に)リスザルの森というのがあったので『行きたい!』ってお願いをして行かせていただきました」と打ち明け、「動物園でオリに入ったリスザルしか見たことがなかったんですけど、今回は野生みたいにそこら辺にたくさんいて、こんなにリスザルと触れ合える機会がなかったので、大好きなリスザルと一緒に写真を撮れたことがすごく嬉しくて、改めて可愛いなあと思って見ていました」と頬を緩ませた。

さらに、3年前に出したファースト写真集『ひなた日和』と比べて成長したと思う点を尋ねられると「年齢も重ねた分、大人になったなと思うんですけど、今回の(写真集)はあまりに笑顔すぎて、3年前のほうが大人っぽかったんじゃないかって思っているくらいなんですけど(笑)、でも笑顔の中にも成長は見られるのかなと自分でも思います」と語った。

メンバーの反応を聞かれると「渡したんですけど、見てくれたかわからなくて(笑)。何にも感想が返ってこなくて…」と嘆きつつも、小林歌穂だけは反応してくれたそうで「『いい!いい!』って、それしか言葉が出ないくらい言ってくれて褒めてくれました。歌穂ちゃんは『サインちょうだい』って言ってくれたので、歌穂ちゃんの写真集にだけサインをしました。他のメンバーにはしてないんですけど(笑)。『帰ったらお母さんに見せるから!』って嬉しそうに持って帰ってくれました」と声を弾ませた。

この夏の印象的な出来事を聞かれると「エビ中としては『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』に出させていただけたことが1番大きかったなと思います。ロックフェスにはあまり参加していなかったんですけど、同じ日にモーニング娘。'18さんもやっていらっしゃったので、モーニング娘。さんファンの方も見てくださって、ロックファンの皆さんにもエビ中のことを知っていただけたかなと思います」と笑顔を見せ、さらに「個人的には舞台『タイヨウのうた』で初めてヒロインをやらせていただいて、今までグループでしか舞台をやったことがなかったので、1人で大きな舞台に立つことが初めてだったんですけど、周りの方々に支えられながら、無事に東京公演を終えることができてホッとしています。大阪公演もあるので、気を抜かずにやりきることができればなと思います」と力を込めた。

また、来年の3月29日で20歳になる柏木は、10代のうちにやっておきたいことを聞かれると「10代って外に行って活発に遊んでいるイメージがあったんですけど、あまりにもインドアすぎたので、残り半年でいろんなところに行って、外に出るのを楽しみたいなと思います(笑)」と答え、どういうところに行ってみたいか追求されると「いつも外に行っても基本、カラオケにこもっちゃって、外に行っても中に入ることがすごく多いんです。なので、この間1人で鎌倉に行ったんですけど、鎌倉みたいに1日中、外にいられるような場所にもっと行けたらなと思います」と誓った。

あなたにおすすめ