小倉優子、記憶を消せるなら「こりん星を消して…」 子どもの教育に不安も?

AbemaTIMES

2018/9/15 19:40


 Netflixsのオリジナルアニメーション映画『ネクスト ロボ』の親子プレミア上映会が14日、都内で行われ、タレントの劇団ひとり(41)と小倉優子(34)が出席した。

同映画は、ロボットだらけの未来の世界を舞台に、孤独な少女・メイと勇敢でピュアな戦闘用ロボット・7723の絆と冒険を描いた物語。

 メイの愛犬・モモの声優を務めたひとりは、セリフのおよそ7割が鳴き声だったという。「『ワン!』という鳴き声ではなく、『アンッ!』という本気の鳴き声をやりまして」と切り出し、練習方法については「ご近所さんにも迷惑ですから、夜中、路肩に車を停めて、車の中でずっとワンワン練習していました。よかったです、職質されなくて(笑)」と話した。

また、ロボット・7723が「毎晩記憶を消さなくてはならない」という設定にちなみ、過去の消したい記憶について聞かれたひとりは「スベった記憶を全部……。芸歴が20数年ありますから、そのスベった記憶を全部消したい」と話した。

 さらに、同じ質問に「全部消していいなら『こりん星』を消して……」と話し出し、「子どもに『嘘は絶対にダメ』っていつも教えていて、そのうち『ママだって嘘ついていたじゃん』って言われるんじゃないかと……」と消したい記憶とその不安について明かした小倉。

 ひとりから「自分の記憶が消えるだけで、周りは覚えているからね」とツッコまれると、「あっそうか」と苦笑を浮かべていた。
(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)
▶緊急ニュースやエンタメ情報、話題の動画はコチラ

あなたにおすすめ