日本はまだ安い方?各国の最新iPhoneの価格を比較してみた

かみあぷ速報

2018/9/15 19:00


ついに発表された新作iPhone、多くの噂が飛び交っていましたがガセだと思われていた「Max」が採用されるなど、発表後もその話題は尽きませんね。

いわゆるiPhone XのPlus版であるiPhone XS Maxがなかなかなお値段になっているようですが、世界での販売価格はどうなのでしょうか?

■日本は全然安い方


イベント前からかなりの注目を集めていたiPhone XS/XR、例年通り発表翌日に予約スタートとなり、品薄のためか発売日当日に手に入る人はそう多くはないようですね。

発売が確定している国のAppleホームページでは価格も公開されているのですが、高いと思われているiPhoneの価格も比較的日本は安い方のようです。



下記画像では主な国のiPhone価格を簡単にまとめているのですが、最安はAppleのあるアメリカなのは当然として、日本も1,000円前後高い程度とそこまで価格に差異がない事がわかります。

しかし、組み立てなどを行なっている中国は日本と比べても平均して2~3万円価格が高く、ロシアやイギリスでも中国より数千円高い程度となっており、日本が割と良心的な価格になっている事がわかりますね。



この価格で一番注目されているのはイタリアで、日本と比べても平均3~4万円以上高い価格設定となっており、これは通貨相場以外にも輸入手数料が大きく関係しているそうです。

ちなみに、韓国は今回も一次販売国から除外されてしまっているそうで、アジア諸国のほとんどが一次・二次販売国に入っている中、未だ発売日も決定していない状況なんだとか。

■まとめ


10万越えが当たり前になってきたiPhone、日本でも高級スマホなのは間違いないのですが、他の国ではさらに高価な事もあり、これがシェアに直結しているのは言うまでもないでしょう。

iPhoneはどんどん高級志向になっている気がしますが、なぜ大きな販路である韓国を一次・二次販売国から除外しているのか理由ははっきりしていないものの、サムスンが韓国を拠点にしている事を考えるとこの辺の兼ね合いが関係あるんでしょうね。

あなたにおすすめ