iPhone XSの最大のライバルはiPhone XRである - Appleスペシャルイベントレポート


●スマートウォッチ市場でライバルを周回遅れにしているApple Watch
道具にこだわる。例えば、プロのカメラマンなら最高の1枚を撮れるカメラに投資し、そして使い込むだろう。ビジネスで持ち歩く筆記具に万年筆を選ぶ人もいるし、百数十円のペンでも書き味にこだわって厳選する人もいる。また、車を選ぶ際に、事故に備えて安全な車に投資する人もいる。仕事や学習、毎日の暮らしに必要なものにこそ、道具選びにこだわりたい。その方が充実する。では、いつも持ち歩いているスマートフォンを、そうした視点から選んでいるだろうか。近年、スマートフォンは単なる電話やモバイルネット端末ではなく、様々なアプリとの組み合わせで、人々が学んだり、仕事に活かしたり、人々の生活を豊かにするツールになっている。1日の中で最も長く共にあるデバイスだから、少なくとも「より安く」だけで選びたくはない。

9月12日にカリフォルニア州クパチーノで、Appleがスペシャルイベントを開催した。直前まで様々な新製品の登場が噂されていたが、オープニングにおいてCEOのTim Cook氏は「今日は我々の最もパーソナルな2つの製品について話します」と宣言した。Mac、iPod、iPhone、iPad、Apple Watchなど、Apple製品のほとんどはパーソナルデバイスである。その中で最もパーソナルなものは何かというと、常にユーザーと共にある「Apple Watch」と「iPhone」だ。その宣言通り、イベントは「Apple Watch Series 4」「iPhone XS/ XS Max」「iPhone XR」の発表会になったが、同時にスマートウォッチやスマートフォンに対する「価値観」を人々に問うようなイベントになった。

最初に発表されたApple Watch Series 4は、初代モデルが登場してから初めての大幅なデザインと設計の変更を施したモデルチェンジになった。ディスプレイが30%以上大きくなって、これまでの38ミリと42ミリのラインナップが、40ミリと44ミリに (バンドは従来のものを使用可能)。ウォッチフェースが広くなった一方で、筐体がスリム化され体積はSeries 3よりも小さい。広くなった画面を活かせるようにUIパーツを見直し、またDigital Crownに回転にハプティクス技術によるカチカチとしたフィードバックを加えるなど、操作性を改良。バックパネルにダークなセラミックとサファイアクリスタルを採用して、表背面で信号が通るようになったことでデータ通信の品質が向上している。新しいS4チップは最大2倍高速だが、バッテリー駆動時間はこれまでと同じ、一日中持続する。

キーノートではたくさんのウォッチフェースとバンドが紹介されたが、本稿でそれらは割愛させていただくとして、Series 4の目玉機能に移ろう。ECG (心電図)だ。年内にリリースされるECGアプリと電気心拍センサーを用いて、ユーザーがデジタルクラウンに30秒間触れるだけで心調律をモニターして記録、解析結果を得られる。Apple Watchが心電計として機能する。米国ではFDAの承認を得ており、店頭で消費者が直接購入できる初のECGデバイスになるという。残念ながら、ECG機能は米国のみでの提供開始になるが、他にも低心拍や不整脈のアラートなど、心拍モニターの強化がSeries 4の目玉になっている。

ECG機能搭載が発表された時、大きな拍手と歓声が会場から起こった。それは意外なことであり、同時にスマートウォッチの大きな可能性を感じさせるものになった。

意外なことに感じたのは、スマートウォッチにECG機能が必要だと考える人は、心臓に関わる病気を抱えていたり、高齢者、またはアスリートなどに限られると思っていたからだ。健康な人、これまで心電図をとる必要がなかった人は、それほど必要性を感じず、購入を決めるポイントに含めないだろう。しかし、この1~2年の間にApple Watchによって一命をとりとめたというレポートが続いており、ヘルス機能への注目が数年前とは全く異なったものになっている。それがECG機能に対する拍手と歓声になって現れた。

さて、「価値観の問い」だが、今「スマートウォッチとは何か?」と聞かれたら、多くの人はメッセージや電話、ソーシャルの通知、予定やTo-Doなどを手首で受け取れる情報ツールを思い浮かべるのではないだろうか。Apple Watchも、初代モデルはファッション性を前面にした情報ツールだった。

しかし、AppleはSeries 2からアクティビティ/ワークアウト機能を強化し始め、さらに医療・ヘルスへと展開し始めた。これはiPhone 4ぐらいからAppleがカメラ機能にこだわり始めたのに似ている。当時カメラ強化は歓迎はされたものの、スマートフォンにおけるカメラはおまけ的な扱いで、それが将来コンパクトデジタルとカメラ市場を飲み込んで、人々の写真の楽しみ方を一変させるとは誰も想像していなかった。

スマートフォンが単なるスマートな電話でなくなったのと同じように、スマートウォッチもスマートな時計以上の存在になろうとしている。すでに多くの人がアクティブな生活のためにApple Watchを使い始めている。今はまだスマートウォッチをプロアクティブな健康モニターツールとして重視する人は少ないが、数年後、自分の体や健康のことを深く知るのを大きな理由に、人々がApple Watchを巻くようになっても不思議ではない。

●7nm製造の「A12 Bionic」で機械学習時代のiPhoneが開花
iPhone Xs / Xs Maxは、iPhone Xの順当進化を言える。ステンレススチールのフレームで高級感のある本体デザインはそのままに、ガラスとの接合などを改良して防沫/耐水/防塵性能をIP67等級からIP68等級に向上させた。より大型のモデルが加わる可能性はiPhone Xが発表された頃から予想されていたので、iPhone XS (iPhone Xと同じ5.8インチ)、iPhone XS Max (6.5インチ)という新ラインナップはそれほど大きなサプライズではない。ちなみに「Plus」ではなく「Max」と命名したのは、iPhone 8 Plus (5.5インチ)とほぼ同じ本体サイズで、ディスプレイが1インチも大きいから。Plusを上回る大きさを示す。デュアルカメラの光学性能もほぼ変わらない。だが、最大の強化ポイントである「A12 Bionic」チップによって、撮影機能を含めて、あらゆる体験が向上する。

A12 Bionicは、前世代のA11 Bionic (10nmプロセス)よりも微細な「初の7nmチップ」である。より小さな製造プロセスへの移行では、微細化で生まれた余力をどのように割り振るかが注目点になる。A12は69億個ものトランジスタを備える。CPUは、性能コア×2、効率コア×4。これはA11と同じで、CPUの高速化は最大15%にとどまる。GPUは4コアになって、グラフィックス性能は最大50%の向上だ。それ以上に大きいのが、A11から採用されたニューラルネットワーク向けのNeural Engineだ。8コア構成で、Core MLの動作が最大9倍も高速になる。それでいて消費電力は1/10。微細化で生じた余力の多くをAppleは、Neural Engineと効率化に割り振ったと推測できる。

スマートフォンで機械学習を活用するために、クラウドに情報を吸い上げてクラウドのパワーで処理するか、それともクラウドに情報を集めずに端末内で処理するか。計算量が膨大となる機械学習処理では前者が有効と見なされていた。しかし、Facebookを通じた情報漏洩が社会問題化してから、人々のプライバシー保護の意識が高まり、iPhoneのような端末内での処理が求められ始めている。そのタイミングで、処理能力の問題を解決につながりそうなA12 Bionicの登場である。A12で同社は、リアルタイムの機械学習の実現を強くアピールしている。

例えば、Face IDによるアンロックは、機械学習によってヘアスタイルを変えたり、メガネをかけるといったユーザーの変化も学習して、正確にユーザーを認識する。A12のNeural Engine、新しいアルゴリズムとSecure Enclaveの組み合わせによって、高精度であることが求められる顔認識を瞬時に完了させる。他にも、写真アプリで管理している数千枚の写真の高速検索、QuickTypeの的確な入力候補の表示、TrueToneの調整など、ユーザーが気づかない様々なところでNeural Engineが快適な体験を生み出している。さらにA12の強化されたNeural Engineのリアルタイム機械学習処理は、高度な画像加工、アニ文字/ミー文字、ARアプリなどの体験を引き上げる。例えば、写真撮影において、顔認識やフェイシャルランドマーク、深度マッピングといったNeural Engineによる処理によって、美しいポートレートモードや、明部と暗部をコントロールした精細なディテール表現が可能になるが、A12搭載機種では撮影後の深度コントロールやリアルタイムのSmart HDRを実現する。

やがてライバルも7nmチップ搭載し、7nmをアピールしてくるだろう。しかし、どう活かすかが問題であって、それは一朝一夕のソリューションではない。A12は、A11と同じ「Bionic」を冠することから、A12でプロセッサの設計変更はなかったと推測できる。微細化とアーキテクチャの変更はどちらもプロセッサを進化させるが、大きな変更を同時に行うとリスクが高く、重ならないように計画するのが望ましい。今年いち早く7nmに移行し、その余力をニューラルネットワーク向けに存分に活用するために、Appleはあらかじめ前の世代でNeural Engineを含むアーキテクチャに移行しておいた。A12は、自らシステムチップを設計している同社が、数年先を見すえてやってきた取り組みの成果である。

価格はiPhone XSがiPhone Xと同じ999ドルから、iPhone XS Maxは1,099ドルから。Maxでスタートラインがついに1,000ドルを超えてしまった。高級感のある仕上がり、搭載する先進的な技術を考えると、高くなるのはやむを得ないとしても、スマートフォンで1,000ドル超えは許容されるかという議論が広がっている。

そこで冒頭の「価値観の問い」である。欠かせない道具としてのスマートフォンだ。

今回Appleは「Lasts longer (長持ち)」というポリシーを示した。これはiPhone XS / XS Max発表の最後に登壇したLisa Jackson氏 (環境担当バイスプレジデント) が述べた言葉だ。Appleは環境へのインパクトを最小限にするために、自然資源からの材料の使用を最小限にとどめ、再生可能エネルギーを使い、効果的にリサイクルする仕組みを整えている。それを説明する中で、3つのポイントとして「Sourced responsibly (責任ある調達)」、そして「Lasts longer (より長く)」、「Recycled properly (正しくリサイクル)」を挙げた。Lasts longerとは、耐久性が高く、ユーザーが不満を覚えずに長く使い続けられるデバイスに設計・デザインすること。それが結果的に環境保護につながる。

Jackson氏は言及しなかったが、それは1つの機種をより長く使うユーザーの昨今の傾向にもフィットする。米国や中国などで買い替えサイクルが長期化している。新機種が出ても目新しい機能が乏しいと言われ、「より安く」が訴求点になって、中国勢の低価格スマートフォンが人気だ。しかし、スマートフォンの性能はまだ飛躍的に伸び続けており、機械学習による新たな体験のような変化を生み出せる。このまま産業全体が低価格に陥ってしまうと、スマートフォンの技術革新のペースが鈍り、そして細っていく恐れがある。

「良いものを長く使う」、毎年新しい機種を購入していた人が2年ごとのサイクルになったら、700ドルが1,000ドルになっても1年あたりのスマートフォンへの支出は減少する。長く使い続けられる製品を提供することは環境に優しく、そして成熟期を迎えたスマートフォンを次の段階へと導くソリューションになり得る。999ドル超のiPhoneは、これまでのスマートフォン感覚からすると高い。だが、iPhoneでできることは年々増えており、一般向けのカメラ市場を飲み込んでしまったようなディスラプション (破壊)を、これからも起こせる可能性を秘めている。

しかし、それでも999ドルのiPhoneを敬遠する人はいるだろう。所有欲も満足させる万年筆ではなく、書き味がなめらかで機能的なペンでガシガシ書きたいというコストパフォーマンス重視の人もいるのだ。そうした人達向けにAppleは今年、「iPhone XR」を用意した。

●廉価向けだけど"全てがiPhone X"な「iPhone XR」
今年のiPhoneのラインナップでどの機種がもっとも売れるか、予想するのは難しい。iPhone XRは廉価向けであり、iPhone XS/ XS Maxはスマートフォンとしては高い。廉価向けで我慢するか、それとも大枚をはたくか、悩みどころだから……ではない。そんなネガティブな理由ではなく、廉価向けiPhone XRの完成度がとても高いからだ。

価値観の問い、最後は「廉価向けスマートフォンの価値」だ。

iPhone XRはオールスクリーンであるのはiPhone XS/ XS Maxと同じだが、ディスプレイパネルがLCD (Liquid Retina)で、筐体フレームにアルミニウムを採用し、カラーバリエーションが豊富だ。そして価格が749ドルからと求めやすい。高級感のあるiPhone XS / XS Maxに対して、廉価向けという表現は当てはまる。ただ、これまでのフラッグシップに対する廉価版は、得てしてプロセッサが世代遅れだったり、本体の素材が悪かったりといったユーザーに我慢を強いるものだった。実際、私はiPhone XRの噂報道を読んだ時に「iPhone 5c」を思い出した。iPhone 5cは、低価格スマートフォンが注目された時期に「iPhone 5s」と共に登場したカラフルな廉価モデルだったが、期待に反して販売台数が伸びなかった。iPhone 5sより一世代前のプロセッサを搭載し、Touch IDも利用できなかったからだ。

iPhone XRは、そんな我慢を強いる廉価向けではない。iPhone Xs/ Xs Maxと同じA12 Bionicを搭載し、iPhone X世代のパフォーマンスと利用体験が凝縮されている。カメラはシングルカメラだが、ISPとNeural Engineの力でボケ効果を含むポートレートモードの撮影を可能にしている。Phil Schiller氏はiPhone XR投入の理由を「iPhone Xの技術と体験をより多くの人にもたらすため」と述べていた。その言葉通り、iPhone XRは廉価優先ではなく、全てがiPhone Xである。それどころかXSとXS Maxの間となる6.1インチというサイズ感、(PRODUCT)REDを含むカラーバリエーション、よりポップな感じなど、Xs/ Xs Maxにはない訴求点を持つ。

イメージとしては、従来のスマートフォンのフラッグシップと廉価版の関係よりも、Apple Watchに近い。Apple Watchも初代モデルが登場した時は、ステンレススチールモデルが「Apple Watch」だった。アルミニウムモデルは「Apple Watch Sport」という名前で、当初は廉価向けと見なされたが、機能・性能は全てApple Watchであり、やがてそのフィットネスに適した軽さが認められて、アルミニウムモデルがApple Watchの主流になっていった。

廉価向けを候補に入れずに、iPhone Xは去年と同じ「999ドルから」と見なしている人が少なくないが、昨年のiPhone 8 Plusよりも安い749ドルにiPhone X世代は下がってきた。さらにAppleはiPhone 7シリーズ (449ドルから)とiPhone 8シリーズ (599ドルから)も販売する。

最後に、発表「ほぼ確実」と予想されていたワイヤレス充電マット「AirPower」にも触れておこう。キーノートに登場しなかったどころか、終了後に公式サイトからAirPowerに関する情報の多くが消えてしまったことが話題になっている。残念ではある。だが、Appleが昨年のように将来の製品について発売予告やスニークピークを連発したのが異例だったのだ。準備が整うまで沈黙を通し、そして突然それまでのワイヤレス充電器を旧いものにしてしまうようなサプライズを提供するのが本来のAppleの発表である。AirPowerの前にも「AirPods」や「HomePod」で予告した発売時期がズレ込むなど、Appleらしからぬミスを続けていた。今年はこれまでで最も多い国・地域で9月中にiPhone XSシリーズを発売する。将来の製品について語らず、そして発表した製品はしっかりと届けるAppleが戻ってきた……と期待して、AirPowerの発売を待ちたい。

あなたにおすすめ