できる女アピールはうざい? 気遣いの押し売りに対する男性の本音




“できる女はモテる”はもう常識! 気遣いはできるに越したことはないですよね。しかし、男性に好かれたいという気持ちを意識しすぎた気遣いは逆効果になることも……! せっかくアピールを頑張ってもそれでは意味がなくなってしまいますよね。
そこで今回は、女性がモテを意識した気遣いの押し売りに対する本音を、男性に聞いてみました!

気遣いの押し売りに対する本音

サラダを別皿に盛る“取り分け女子”への本音

・ 「取り分けてくれるのはうれしい。バランスよく盛ってくれるのもうれしい。でも嫌いなトマトを乗せられるとちょっと……」(29歳/会社員/男性)

・ 「取り分ける前に、『食べられないものありますか?』って聞いてくれる子はいいよね。でも、食べたいものを食べたい分だけ盛りたいから、そんなに気をつかわなくていいよって思う」(26歳/営業職/男性)

▽ 取り分けてくれるのはうれしいけど、場合によるということが多いようです。取り分けは飲み会でよくある定番の気遣いですが、なんでもかんでも取り分けるのではなく、離れた席に座っている人の分だけ取り分けて渡してあげるくらいの気遣いがちょうどいいのかも?

周りに気を配る“輪の中心女子”への本音



・ 「えらい! 会話に入れなくてつまらない思いをする人が一人いても、その子のおかげで楽しいって思えるようになるわけだし」(29歳/音楽関係/男性)

▽ 会話の中心になるというのは誰でもできることじゃないですよね。自分の話はもちろん、人の話を聞いて掘り下げることもできて、周りへの気遣いもできる女性はそうそういません。嫌な思いをする人がいない気遣いですよね。

体調の変化に鋭い“心配性女子”への本音



・ 「気にかけてくれるのはうれしいけど、隠したい時もあるからみんなの前で『体調悪いの?』って聞くのはやめてほしい」(28歳/飲食業/男性)

▽ 「私、気が利くのよ」と言わんばかりに心配したがりな女性っていますよね。みんなが見ていないところで「大丈夫?」とひっそり声をかければ気遣いが光って見えそうです。

「すごい!」など男性を立てる“ヨイショ系女子”への本音

・ 「男性を立てる時につかう『さしすせそ』だっけ? あれは言われて嫌な気持ちになる男いないんじゃない?」(27歳/福祉職員/男性)

・ 「相槌で適当に『へー、すごいねー』って言われた時はちょっと嫌だった。言えばいいってもんじゃないし、別に無理に褒めようとしなくていい」(30歳/銀行員/男性)

▽ プライドの高い男性は自分を肯定されるとうれしいので、さしすせそ(「さ」=「さすがですね!」、「し」=「知らなかった!」、「す」=「すごい!」、「せ」=「センスいい!」、「そ」=「そうなんですか!」)は効果的なようです。
話を聞いて目を見て「すごーい!」「さすが!」と褒めれば、立派なお嫁さん候補になれるかも……!?

まとめ

女性の気遣いはうれしい! と思いつつも、もう少し控えてほしいと思う場面もあるようですね。気遣いできる=いい女と思われがちですが、気遣いの押し売りはうざいと思われる場合もあるので気をつけたほうがよさそう。
適度な気遣いで男性の心をグッと掴んでくださいね!

あなたにおすすめ