セーラー服から男装まで! つかさ先輩のコスプレを堪能『快盗戦隊ルパンレンジャー』#31

日刊サイゾー

2018/9/15 19:00



『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#31「自首してきたギャングラー」

●「ビバリーヒルズ・コップ」って今の親世代でも知らないだろ


 今回は、まさかのロボット戦からのスタート(大人の事情があるんだろうなぁ~)。

「ルパンカイザースプラッシュマジック」はアッサリとギャングラー怪人を撃退するが、それはそれとして地上では、なぜかポーダマンたちに追われるギャングラー怪人が。

そこにパトレンジャーたちが現れると、追われていたギャングラー怪人・ヨシー・ウラザー(CV:松野太紀)は「あっしを逮捕してくだせー!」と自首(というか、追い詰められて降参した感があるが)。

ヨシーは、ギャングラーの重要情報を教える代わりに罪を見逃してほしいと、司法取引を持ちかけてくる。

戦わずして自首。国際警察という設定を活かしたネタではあるが、そもそもヨシー、ポーダマンたちに追われていただけでなんの罪も犯していないような……。ギャングラー怪人であるということ自体が罪だというのなら、少々気の毒な存在だ。

ギャングラーの情報は欲しいけど、罪をゆるすのはマズいんじゃ……と考えたパトレンたちは、「取引しなくても情報をしゃべらせる方法がある!」ということで、刑事コスプレをしての取り調べコントスタート。

刑事コスプレって……君たち、普通に警察官じゃないんですか。

ヒルトップ管理官(アイクぬわら)とジム・カーター(CV:釘宮理恵)が、それぞれロボコップと「ビバリーヒルズ・コップ」のアクセルに扮し、「コスプレするなら逆だろー!」という面白いヤツを披露していたが、この番組でたびたび出てくる「ビバリーヒルズ・コップ」ネタ、今の子どもたち……というか、若いお父さんお母さんにすら通じないんじゃ!? と、余計な心配をしてしまう。

まあ、すごく大きなお友達であるボクとかにはバッチリ響いているわけだが。

●ギャングラーの青春ってなんだろう


 ルパレン男性陣が面白取り調べを繰り広げる中、真面目な明神つかさ/パトレン3号(奥山かずさ)は普通に取り調べをすることに。

司法取引&新しい身分申請のための書類を用意し、ヨシーの傷を心配してあげることによって、「アネゴ、案外いい人でやんすね!」と心を掴むことに成功する。

一方、いつもチャラい雰囲気を放っている高尾ノエル/エックス(元木聖也)は、今回シリアスモード。

「あのギャングラーに、これ以上深入りしない方がいい」

というのもノエルは、ヨシーの金庫に入っているコレクションは「善と悪の心を入れ替える」能力を持っていると見抜いていたのだ。

コレクションが失われればヨシーもただのギャングラーに。その時、ヨシーのことをメチャクチャ信用しているつかさ先輩が傷つくのではないかと気にしているようだ。

それにしても、たとえ司法取引が成立し、新しい身分を手に入れたからって、見た目は完全にバケモンのヨシー、

「思いっきり青春を満喫してみたいでやんす」

にはムリがあるだろう。

脳内で繰り広げられた青春コント妄想もどうかしていた。

なぜか高校生と化したパトレン3人とヨシーが将来の夢を語り合う。朝加圭一郎/パトレン1号(結木滉星)は警察官に、陽川咲也/パトレン2号(横山涼)はYouTuberに、つかさ先輩はおもちゃ会社に……そしてヨシは「幸せな家庭を作りたいでやんす」とのこと。

カツ丼を作り、夫の帰りを待つヨシー。帰ってきた夫は、男装したつかさ先輩……なに、このシュールな映像の連発。

●さっきまで心配していた傷に跳び蹴り


 そんなこんなで、つかさとガッツリ心を通わせてきたヨシーだが、結局は「善と悪の心を入れ替える」コレクションでいいヤツになっているだけ。

コレクションを手放した途端、ただのギャングラー怪人と化し、つかさを襲い出した。

信用していたヨシーの変貌に、案の定、メチャクチャ傷ついた様子のつかさ先輩にノエルは、「お人好しで、騙されていたとしても君の姿は気高く輝いていたよ」と声をかける。

今回、いいヤツだなぁ、ノエル。

確かに今回のつかさ先輩、輝いていたよ! 罪を悔い改め、人生をやり直そうとしている人に手を差し伸べるというのは、警察官としてはすごく美しい姿勢だ。

……まあ、それをギャングラーにまで適応するというのにはムリがあったわけだが。

ノエルの変身時の名乗りが、普段の「気高く輝く警察官・パトレンエックス」とは違っていたのもポイントだ。

「国際警察潜入捜査官・パトレンエックス」

今回は「気高く輝く」をつかさに譲ったということだろうか。

すっかりヨシーに心を許していたつかさ先輩だが、ただのギャングラーだと判明すれば手加減なし。

さっきまで「痛むのか?」なんて心配していたヨシーに傷部分に思いっきり跳び蹴りを喰らわすつかさ先輩、ハンパねーっす。

●次回はノエル vs 圭一郎!?


「いいヤツのふりをして心をつかむ」以外の特徴がないヨシーはサクッと倒され、代わりに登場したのが体中に金庫がついた改造ギャングラー。

「金庫の数が増えればエネルギーが増える」

とのことだが、当然金庫の数だけコレクションも持っているということ。複数のコレクション能力を身につけた強敵だ。

しかも、その中のひとつには「バッドボーイズ」なる、「グッドストライカー」の能力を相殺するコレクションまで含まれているようで、グッドストライカーはいつになく弱気に。

乗り気ではないグッドストライカーをうながし、強引に「パトカイザー」を出動させるが、これもコレクション能力なのか、攻撃が無効化され、あっけなくやられてしまう。……ということで次回に続く。

再びパトレン単体では勝てそうにないギャングラーの登場に、ノエルはルパレンとの共闘を提案するが、「彼らは逮捕対象だ」ということで圭一郎は拒否。

その結果、ノエルと圭一郎が決闘することになる(なぜ!?)。拳を交えたお話し合い的なことなのだろうか?

(イラスト・文=北村ヂン)

あなたにおすすめ