NGT48荻野由佳、武道館の景色に感激「夢へのドアが見れた」

モデルプレス

2018/9/15 17:09

【NGT48/モデルプレス=9月15日】新潟を拠点に活動するNGT48が15日、日本武道館にて4thシングル『世界の人へ』(10月3日発売)発売記念イベント『新章NGT48宣言!!~世界の人よ、共に歌おう~』を開催。ライブ後、握手会の前にゲストのお笑いコンビ・ロッチとともに囲み取材に応じた。

◆NGT48、第2章を宣言



この春にキャプテン北原里英が卒業、8月に宮島亜弥が卒業、1期研究生全員の昇格、Team Gの新設、ドラフト研究生5人&2期研究生16人の加入で総勢43人となった、まさにNGT48第2章が本格的にスタート。この日は、AKB48兼任の柏木由紀含め、 メンバー全員が初めて勢揃いし初めてパフォーマンスした。

観客は4thシングル予約者を対象に優先指定席の応募抽選が行われたほか、CDを予約していない観客も応募できる無料招待席を含め8000人の観客が集まった。

◆NGT48、武道館でリリースイベント



TeamNⅢのキャプテン加藤美南は北原からキャプテンを引き継いで半年弱のことを振り返り、「ありがたすぎる舞台だったと思うし、このチャンスをかきあわせることができたことが今のNGT48の象徴だなと思っていて」と感謝。「怖いもの知らずでやってしまったところもあるんですけど、勢いは殺さずにNGTらしさを忘れずに、新しくファンになってくれる方もどんどん味方に、43人になったんですけどより一層1つになって活動していきたい」とキャプテンらしく頼もしく意気込みを語った。

武道館でリリースイベントという大舞台に、TeamGキャプテン本間日陽は、「上の方までファンの方が沢山いらっしゃって、またこのメンバーで戻ってこれるように、そしてもっと広い景色を見たいと思いました。活動に対する意欲がわきました」と目を輝かせてコメント。最新シングルでもセンターを務めている荻野由佳は武道館にはけやき坂46のコンサートを観に行ったことがあるといい、「思ったよりもすごく距離が近いなと感じることができて、うちわも一個一個ちゃんと見れて、本間も言っていたように夢へのドアが沢山見れた。希望でいっぱいの武道館だなと思いました」と嬉しそうに話した。

◆柏木由紀、ドラフト+2期生の印象は?



柏木はメンバー全員でのBBQ以来ドラフト+2期研究生としっかり対面したといい、「パフォーマンスを見て、すごくキラキラして一生懸命でNGT48にいい子たちが入ってきてくれたなと微笑ましく感じました」と先輩としてコメント。

4thシングルにて初めて16人選抜に入った奈良未遥、西村菜那子、中村歩加もそれぞれコメントを求められ、奈良は「こんなにも素敵な景色を見れるとは4年前は思っていなかった」と喜びを吐露し、中村は「選抜に入ったからには選抜を背負って頑張っていかないと思って、(シングルチャート)1位を目指します」と意気込み。

西村はイベント内で放送エリアを青森県、山形県、埼玉県に拡大することを発表した新潟と富山で放送中の冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(テレビ新潟/毎週火曜0:59~1:29)ことに触れ、「私の地元の長野県がまだ入っていないので、長野県に向けても頑張っていきたい」と地元をアピールした。(modelpress編集部)

■セットリスト


M0.OVERTURE
M1.ナニカガイル
M2.やさしさに甘えられない
M3.逆上がり
M4.MaXとき315号
M5.Soft Serve
M6.泣きべそかくまで
M7.心に太陽
M8.カーテンの柄
M9.今日は負けでもいい
M10.青春時計
M11.世界はどこまで青空なのか?
M12.春はどこから来るのか?
M13.世界の人へ

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ