7人組ボーイズグループiKON、デビュー3周年を東京国際フォーラム公演で超満員のファンと祝福

SPICE

2018/9/15 14:23


2016年にデビューし、 その年末には日本レコード大賞最優秀新人賞を含む「日韓中3ヶ国 で新人賞獲得」という史上初の記録を樹立したBIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON。

2017年には、 海外アーティスト本国デビューから史上最速となる1年9ヶ月での ドームツアー『iKON JAPAN DOME TOUR 2017』を開催するなど、1年間で全国10都市35公演47万人超を動員。驚異的な公演数を重ね、日本各地で精力的なライブ活動を行った。

2018年に入ってからは新曲「LOVE SCENARIO」が本国でロングランヒットを記録。主要音楽配信サイトMelOnのデイリーランキングでは42日間連続で1位を獲得。さらに5週連続週間ランキング1位をキープし 、BIGBANGが2008年に発売した「LAST FAREWELL」の8週間、「HARU HARU」の7週間連続1位獲得以来、ボーイズグループとしては10年ぶりとなる最長期間の1位を記録。9月26日には2年半ぶりとなる日本オリジナルアルバム『RETURN』を発売する。

そんなiKONが9月14日に『iKON JAPAN TOUR 2018』東京国際フォーラム公演を行い、15日に控えた韓国デビュー3周年をファンと祝った。

アンコールのMCタイミングで会場が突然暗転し、 センターのモニターにサプライズムービーとしてファンからのお祝 いコメントが。メンバーは「嬉しいですね! ありがとうございます !」と感激の声をあげた。さらにファンから寄せられたお祝いメッセージで埋め尽くされた巨大ボードをKRUNKがメンバーの元へ届けに来るサプライズも。ファンからのメッセージに目を通し驚きと喜びを見せたメンバーは 「3年間本当にありがとうございました! みなさんがいるから僕たちもここまでこれました!」「3年前は言いたい事もなかなか伝えられなかったけど、今では嬉しい気持ちも伝えられるようになりました!」「iKONも3歳iKONIC(iKONファンの呼称)も3歳! 3周年おめでとう!」「来年も10周年も、30周年も一緒にいましょう!」 と感謝を伝え、デビュー3周年をファンと共に祝った東京公演のステージを締めくくった。

あなたにおすすめ