ムロツヨシ『チコちゃんに叱られる!』で“ムローノ・マーズ”振り返り「ざわついた」

俳優のムロツヨシが9月14日、NHK総合で放送されたクイズバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』にゲスト出演した。同番組は好奇心旺盛でなんでも知っている白金在住の5歳の女の子、チコちゃんから投げかけられた疑問に答えられないと、「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られる流れで進む。

司会でレギュラー解答者の岡村隆史、ゲストの橋本マナミ、ムロツヨシにチコちゃんが「リズム感の良い大人は?」と振ったところ、岡村が目線でムロを指名する。

コントバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』でレギュラーを務めるムロは企画で踊ることもあり、「ムローノ・マーズはざわついたけど」と昨年9月18日の放送で披露した新キャラクターを思い浮かべる。

彼はその回に世界的人気のアーティスト、ブルーノ・マーズを真似たキャラクター「ムローノ・マーズ」として登場、本格的なダンサーをしたがえ『Uptown Funk ft. Bruno Mars』(Mark Ronson)を踊り話題になった。

それからおよそ1年、ムロも『チコちゃんに叱られる!』のスタジオでさわりだけとはいえ「ムローノ・マーズ」のダンスを披露するとは思わなかったのではないか。

チコちゃんからの質問は「カスタネットはなぜ赤と青でできているの?」で、しどろもどろになって正解できなかったムロは容赦なく「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られてしまう。

群馬県みなかみ町でカスタネット工房を営むカスタネット作りの達人・冨澤健一さんの父親が、スペインの楽器をヒントに日本で初めてカスタネットを作った。当初は男の子向けの「青」と女の子向けの「赤」の2種類を作っていたが、大量に注文があるので別々に管理するのが「めんどう」と考えたところ「赤と青」をくっつけようと思いつき、「男女兼用」が誕生したという。

ちなみにチコちゃんは、「めんどう」と思うのはこれまでに出演した「若槻千夏」「木村佳乃」「シティーボーイズ」だと明かしていた。

画像2枚目は『ムロツヨシ 2017年9月18日付Instagram「チームムローノマーズ、みてくれた皆さま、ありがとうございます」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ