布袋寅泰がこのために帰国!「北斗の拳」35周年記念イベント「伝承式」開催

UtaTen

2018/9/15 12:01



布袋寅泰とケンシロウ、ラオウのバーチャルスーパーバンド「202X」のMVも初公開


9月13日に人気マンガ「北斗の拳」35周年記念イベント「伝承式」が開催され、「北斗の拳」原作者の武論尊、漫画家の原哲夫、そしてスペシャルゲストとして35周年記念楽曲「202X」を書き下ろした布袋寅泰が登場した。

【写真】「北斗の拳」35周年記念イベント「伝承式」

「北斗の拳」が初めて週刊少年ジャンプに掲載された日であり、日本記念日協会より「北斗の拳の日」として認定。併せて認定式も行われた。

35周年を迎えた「北斗の拳」について、武論尊は「連載を始めたときは、35年経っても皆さんに覚えていてもらえるとは思っていなかった。本当に感謝しかありません。原作を書いている間は原先生とは会っていないので、ずっと作品の中で戦っていたように思います。それがうまいこと『北斗の拳』にいきたのかなと思っています」と感想を述べたが、これに対し相棒の原哲夫が「僕は戦っているつもりなんて全然なかったですよ」とさらりとかわしてみせると、会場は笑いに包まれた。



続けて、「北斗の拳」35周年を記念した新曲「202X」(9月19日発売)を書き下ろした布袋寅泰が呼びこまれる。このイベントのために拠点のロンドンから帰国した布袋は、ラオウが原と学年が一緒でカラオケに行ったことがあると明かし「『北斗の拳』の連載が始まる1年前にBOWYというバンドでデビューしました。35年という月日の長さは同じように感じていますし、長い時を経ても作品を愛してくださる方々がたくさんいらっしゃる。35年経っても色あせないクリエイティブの力強さを感じています」と作品を自身の歴史と重ねながら称える。

「伝承式」では「1万年伝承される『北斗の拳』」というコンセプトのもと、除幕式を経て「北斗の拳」の第1話全48ページと、ケンシロウと霞拳志郎が対峙した35周年記念描き下ろしビジュアルを、古来より最強の記録媒体とされている「石」に彫り入れた総重量約1トンの「北斗の拳」石版がお披露目された。



また前夜にできたばかりという「202X」のMVも初公開となった。映像では布袋とケンシロウ(べ―ス)、ラオウ(ドラム)のバーチャルスーパーバンドによる演奏が見どころとなっている。また、「202X」完全数量限定盤に付属するピック型ARマーカーを使って見ることのできる映像も公開。これは専用アプリを起動してスマートフォンをARマーカーにかざすと、画面上で同バンド3名を模したバーチャル3Dフィギュアの演奏を楽しむことができるという2018年ならではの企画。MVと映像について軽妙なトークを繰り広げた三者は最後に「北斗の拳」が35周年を迎えた感謝、そして今後の意気込みをスピーチして「伝承式」イベントは終了となった。

気になる35周年の今後の動きだが、まず石版は「202X」の楽譜も加えて、9月14日よりキラリナ京王吉祥寺4階にて期間限定で展示される。展示終了後は昨今の被災地支援を目的として、希望者に向けたチャリティーオークションを開催するという。



そして人気マンガにふさわしく、出版社の枠を超えた記念企画が実施されていく。「週刊少年ジャンプ」では「北斗の拳」連載開始35周年&「週刊少年ジャンプ」創刊50周年W記念企画として、ファン投票で選ばれた人気ベストシーンTOP10などを収録した「北斗の拳ジャンプ」が13日より発売中だ。さらに9月25日発売の「月刊コミックゼノン」11月号も「北斗の拳35周年特別号」となる。

北斗の拳 35周年記念サイト

あなたにおすすめ