子どもの習い事って続けるべき? 迷う母に息子の決心【4人の子ども育ててます 第13話】

長男は小学生時代に本人の希望でサッカーを習ったのですが、長続きせず1年半ほどでやめました。

やめた理由としては…



本人のやる気がないのが一番の理由だったのかもしれません。練習は参加したいけど、試合には興味ないって言ってたし…。こんなんじゃ本気でやってる人に失礼ということでやめました。

当時はやめさせるべきか続けるべきかで結構悩んでいましたけどね…。

ママ友さんと習い事とはなんぞや?」とか「どこまでさせるべき?」と相談しあってました。

その後、長男と長女はスイミングに2年ほど通いましたが、長男も団体競技よりは、スイミングなどの個人競技のほうが合ってたみたいです。

そして次男が小学生になり、なんとなく「またスイミングを習わせようかな~?」と思っていたときに、担任の先生からこんなことを言われました



本人にやる気があったので始めることに。とりあえず週1から始めました。その後、小1になった次女も一緒に通うことになりました。

スイミングに通い始めて半年、次男から…


「習う時間を増やしたい!」と言ったのは次男が初めてだったので、とっても嬉しかったです。習い事ってしてもしなくてもいいことだからついつい悩んでしまいますが、やって無駄だったということはないと思います。

サッカーが続かなかった長男も、当時太り気味だったのに体を動かすことで標準体型になり、体力もついたので、そこはとってもよかったと思っています。
(まえだゆずこ)

あなたにおすすめ