カンニング竹山『セリーナ美談』を「猛烈批判」で賛同の声が続出

まいじつ

2018/9/15 10:31

カンニング竹山
(C)まいじつ

9月10日に放送されたラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)に、お笑いタレントのカンニング竹山が出演。テニス選手のセリーナ・ウィリアムズに苦言を呈し、ネット上では賛同の声が上がっている。

大坂なおみが初優勝したテニスの全米オープン女子シングルスの表彰式で、ブーイングを受けて涙している大坂を、敗者である元女王のセリーナがフォローした場面。メインパーソナリティーの赤江珠緒は、「何回もあのインタビューのところで泣いた」と振り返った。

すると竹山は「優勝したのは知ってるけど」「俺、全然知らないんだけど」と赤江に試合内容について質問。赤江は、セリーナが苛立ってラケットを破壊したり、審判を批判して罰則を取られたことを説明し、試合が大荒れになったため客席からブーイングが上がったことを述べた。

試合の流れを聞いた竹山は、「キレるお前がまず悪いだろ」とセリーナに痛烈なツッコミ。「お前がキレるから、こんなことになったんだろ」と、バッドマナーで審判と大揉めしたくせに、最後は大阪をフォローして“いいとこ取り”をしたセリーナを責めた。

キレ芸の竹山がキレたセリーナを批判


この竹山の物言いに、ネット上では、

《よく言った。これが美談になっていることがおかしい》
《マジでセリーナは試合中にぶち切れたことについて大坂に謝罪すべきだろう》
《セリーナのマッチポンプをついに指摘してくれたか》
《正論ですな。セリーナは見ていて見苦しかった》

などと、賛同する声が続出した。

「セリーナが批判した審判のジャッジですが、審判の方が正しかったと感じる人が多いようです。セリーナによって矢面に立たされている今回の審判を、大勢の国際審判員が擁護し、セリーナの試合をボイコットしようとする動きもあるといいます」(スポーツライター)

せっかくの初優勝を、元女王の大人げない言動で汚されてしまった大坂。次回は清々しい優勝となることを期待したい。

あなたにおすすめ