田中みな実、あの交際の“武勇伝”にニッコリ

フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、9月14日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。かつて交際が写真週刊誌に取り上げられた時、自分の名前が先だったという“武勇伝”を語る一幕があった。

この日出演した女優の仲里依紗(28歳)が、夫で俳優の中尾明慶(30歳)の「世間の妻びいきがひどい」という愚痴に反論。二人で歩いていると、仲ばかりが写真をねだられるが、歩いている場所が渋谷や原宿といった若い人の多い場所なので、ファン層が違うとコメント。

この話を聞いた田中が「中尾さんが支持されるエリアってどこなんですかね?」と尋ねると、仲はすぐには返答できず、ダウンタウン・松本人志が「悪いよ。火薬をドンドン放り込んでくる」と田中の質問をイジる。

その後、松本から夫婦でどちらも有名人で役者さんの場合、ライバル心はあるのか、例えば写真誌に二人の名前が出る時どちらが先か気になるかどうか、仲に尋ねたところ、仲は「私はあまり気にしない」と回答。

松本は田中に対して「あなたはどうでした?」と、かつて交際が写真誌に取り上げられた時のことを尋ねると、田中は「私が先でした」とニッコリ。松本は田中の笑顔に目を丸くして「笑った……今、笑ったよね?“武勇伝”にしたよね」と驚きながらツッコむと、田中は照れながら唇に指を当てて「しーっ」とそれ以上話にしないようアピールしていた。

あなたにおすすめ