うちのネコちゃんの食事はお隣に比べてどうなのかしら? 「猫のごはんに関するアンケート調査」

OVO

2018/9/15 07:00


 「うちのネコちゃんの食事はよその家に比べてどうなのかな?」。そんな疑問をお持ちの飼い主さんは必読の調査結果が発表された。猫の健康に関する総合情報メディア「猫ねこ部」が、猫を飼っている人377人に対し、猫のごはんに関するアンケート調査を実施したのだ。ちなみに回答者の飼っている猫の種類は、雑種が70.8%とトップ。以下、アメリカンショートヘア(6.9%)、マンチカン(4.9%)、スコティッシュフォールド(3.9%)と続いている。飼っている数は、1匹(67.6%)または2匹(21.0%)で大半を占めたが、4匹以上という人も6.9%いた。

調査によると、与えているキャットフードのメーカーは、ペットショップに行くと必ずと言っていいほど置いてある「ロイヤルカナン」(20.4%)が一番人気。ロイヤルカナンは特に療法食が豊富で、獣医さんの勧めで購入する人も多いのかもしれない。2位以降はネスレ(ピュリナ・モンプチ)、ユニ・チャーム(銀のスプーン、三ツ星グルメ・ねこ元気)、カルカン、ヒルズ(サイエンスダイエット)と大手メーカーが続いている。これらのブランドは、ホームセンターなどでも定番商品として並んでいて入手しやすいことも選ばれる理由のひとつだろう。少数ではあるが、ジャガー、シンプリー、モグニャンなどの動物性食材を豊富に含んだ海外製プレミアムフードを購入している人もいた。

キャットフードは大きく分けると、カリカリと呼ばれる「ドライフード」と水分豊富な「ウェットフード」の2種類がある。調査では、「ドライフードのみ」と答えた人が52.0%と約半数。続いて「ドライフード+ウェットフード」(38.7%)、「ドライフード+トッピング」(6.4%)、「ウェットフードのみ」(2.1%)という結果だった。

キャットフードを選ぶときに重視している点(複数回答)を聞くと、トップは「食いつきの良さ」(257)、続いて「メーカー・ブランドの信頼性」(211)、「価格」(209)、「年齢別」(88)、「原材料・原材料の産地」(83)、「近所で買える」(76)などの答が多かった。

気になる1カ月のえさ代は、「3,000円~5,000円」という人が47.7%とトップ。以下、「3,000円未満」(31.8%)、「5,000~10,000円」(15.4%)と続いている。

あなたにおすすめ