「とくダネ!」17日で放送5000回 小倉智昭氏「本心で言いたいことを言い続けました」

 フジテレビの情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・00)が17日に放送5000回を迎える。1999年4月の初回から司会を務める小倉智昭氏(71)が14日、東京・台場の同局で取材に応じ20年にわたる番組の歴史を振り返った。

 番組開始時から様々なニュースを届ける中で「東日本大震災が一番記憶に残っていますね」としみじみ。一方で「アテネ五輪(2004年)では日本人の金メダルを予想して16個全て的中しました。その金メダルシーンを全て自分の目で見ることができました。嬉しかったですね。神がかってました」と様々な記憶が今でもよみがえる。

 番組を支えたのが「本心で言いたいことを言い続けました」という“小倉節”だった。99年の「ミッチー・サッチー騒動」の際には故・野村沙知代さん(享年85)のCD発売の現場で熱狂する観客たちの映像を見て「どうせサクラでしょ」と一言。テレビ局や小倉氏が経営する都内の焼き肉料理店に街宣車が押し寄せるなど、危険なこともあったという。

 16年7月28日には放送回数が4452回となり「同一司会者による全国ネット情報番組」での最多放送回数を達成。ここまで長く番組が続いた秘訣は「スタッフに文句言わないこと。スタッフがやりたいようにやっているのでけんかもないです」と明かす。「僕が言ったことに対して番組のスタッフや局の人からプレッシャーかけられることもありませんでした」と周囲の支えあってこそであることを強調した。

 今後については「やれるとこまでやりたい。目標としては2020年の東京五輪は番組で関わりたいというのがあります」と意欲は止まらない。「聖火も持って走りたいですね」とニヤリと笑った。

 17日の放送では初代女性アシスタントの佐々木恭子アナ(45)、3代目の菊川怜(40)、4代目の梅津弥英子アナ(40)らが勢揃い。現在シンガポール在住の2代目・中野美奈子元フジテレビアナウンサー(38)も中継で出演する。しかし現在5代目として出演中の山崎夕貴アナ(31)は夏休みのため放送を欠席する予定だといい「それも『とくダネ!』らしくておもしろいでしょ」と笑顔を見せた。

あなたにおすすめ