「ぼくはか」がアニメ化決定!「暗黒破壊神の面々が、アニメでどんな風に動き出すのか」原作者・亜樹新からのイラストメッセージも公開!!

ザテレビジョン

2018/9/15 00:00

月刊コミックジーン(KADOKAWA)で連載中の「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」のアニメ化が決定し、原作者・亜樹新からコメントが寄せられた。

「ぼくはか」の愛称で呼ばれる本作は、超ツッコミ気質の小雪芹とツッコミ待ちの中二病・花鳥兜の2人を主人公に描かれる男子高校生コメディ。

ツッコミ待ちな人間が大嫌いな芹は、外見も言動も全てがツッコミ要素でできている兜に対し絶対にツッコまないと誓うのだが、やはりどうしてもツッコミを入れてしまう。そんな彼の周りにはちょっと変わった面々が集まりだし、笑いの絶えない空間を作り出していく。

■ 「暗黒破壊神の面々が、アニメでどんな風に動き出すのか」

なんとこの度「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」のアニメ化が決定しました。いつも作品を支え、応援してくださった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!

小雪と共に苦悩しつつも楽しんでやってきた「ぼくはか」の日々が、暗黒破壊神の面々が、アニメでどんな風に動き出すのか、私も心待ちにしています。続報をどうかお楽しみに…。

そして原作共々、これからも「ぼくはか」をどうぞよろしくお願いします。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/162299/

あなたにおすすめ