『仮面ライダージオウ』出演の美女はSeventeenモデルも務める注目株・紺野彩夏


現在放送中の特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』に、ファッション雑誌「Seventeen」(集英社)専属モデルを務める注目の若手女優・紺野彩夏が、9月16日放送予定の第3話より、ジオウの前に立ちはだかる"タイムジャッカー"のオーラ役として出演する。紺野は、これが初の連続ドラマレギュラー出演となる。

紺野は、先日「Seventeen9月号」で初めて表紙に登場したほか、「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER」にも出演するなど、モデルとしても女優としても快進撃を続ける注目株。『ジオウ』では、自分の思い通りに歴史を変えようとし、新たにアナザーライダーを作り出す"タイムジャッカー"の一人として、主人公の高校生・常磐ソウゴたちと対峙する。自分の作戦の美しさを追求する誇り高きクールビューティーという役どころとなっている。

若手俳優の登竜門として、多くの人気俳優を輩出している「平成仮面ライダー」シリーズ。"こんちゃん"として同世代から支持を集める彼女の今後の活躍に注目だ。
○紺野彩夏コメント

『仮面ライダージオウ』に出演させて頂くことになり、とてもうれしいです!
役作りにおいて気を付けていることは、オーラはクールな女の子なので、普段の声より低めにしたり、セリフを言い放つよう心がけています。高飛車な感じを前面に出したいなと思っているので、これからどう演技するか注目して見て頂きたいです。
作品としても、ソウゴがこの後、最高最善の魔王になれるのか、またその周りを取り巻く関係性の変化に注目してほしいです!
オーラという女の子は敵役ではありますが、皆さんに愛されるように、そして、私自身は役者として成長できるように、自分らしく楽しく一年間頑張っていきたいです。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

あなたにおすすめ