春秋航空日本、国内線機内持ち込み手荷物許容量拡大 7キロ以内に

Traicy

2018/9/14 20:50

春秋航空日本春秋航空日本は、国内線の機内持込手荷物の許容量を10月28日搭乗分より、これまでの5キロ以内から、7キロ以内に拡大する。

運賃に含まれる無料手荷物許容量には変更なく、「スプリングプラス」運賃は受託手荷物と機内持ち込み手荷物を合わせて25キロまで、「スプリング」運賃は受託手荷物と機内持ち込み手荷物を合わせて15キロまで、「ラッキースプリング」運賃は機内持ち込み手荷物のみ7キロまでとなる。機内持ち込みができる大きさには変更ない。

これにより、国内格安航空会社(LCC)各社の無料機内持ち込み手荷物は一律で7キロ以内となる。

あなたにおすすめ