「ガンダムF91」が幻の武装をまとった姿でガンプラMGVer.2.0に登場


バンダイスピリッツが展開する「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「マスターグレード(MG)」より、『機動戦士ガンダム F91-MSV』の"幻の武装を纏ったガンダムF91"が立体化。「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 バックキャノン装着型&ツイン・ヴェスバー装着型」(6,264円/税込)として、プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。商品は2018年11月発送予定。

「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0 バックキャノン装着型&ツイン・ヴェスバー装着型」は、その名の通り、バックキャノン装着型とツイン・ヴェスバー装着型のいずれかを選択式で再現できるガンダムF91のセットアイテム。Ver.2.0での立体化も大きな話題を呼んだ同機の、新たな魅力を表現するもので、バックキャノンとツイン・ヴェスバーは共に新規造形となっている。

バックキャノンは「銃口収納時」、「銃口展開時」と設定に準じた銃口のギミックを再現。腰部のヴェスバーは伸縮ギミックを搭載し、接続アームはフレキシブルに可動する。特徴的なバックパックのエネルギーケーブルはリード線を用いてメカニカルかつリアルな質感を表現。肩部は、強化されたショルダーアーマーを新規造形で再現しており、フィンにはエクストラフィニッシュを施し重厚感を演出している。

(C)創通・サンライズ

あなたにおすすめ