北川景子 原作者から平手友梨奈が絶賛され感涙「ずっと見守ってきたから…」

 「欅坂46」の平手友梨奈(17)と女優の北川景子(32)が14日、都内で映画「響―HIBIKI―」(監督月川翔)の初日舞台あいさつに出席。ずっと平手を見守ってきたという北川が感激の涙を浮かべた。

 同作は平手演じる主人公の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)を軸に、周囲の人々の心の葛藤などを描く人間ドラマ。北川は響の才能を見いだす若手女性編集者・花井ふみ役を演じた。2人は大の仲良しで北川は「毎日連絡とってます。何食べたとか。お弁当の写真を送りあったり」と明かした。

 イベントの終盤には原作者の柳本光晴氏から手紙が届き、司会者が代読。「平手さん演じる響はただただかっこよくかわいかった。平手さんの響は本当に響でした。最高の映画だと思います」と絶賛した。平手は「まさか。うれしいです」と笑顔。北川は「クランクインした時から(平手は)映画初めてだけど表現力があってクリエイティブな精神を持った人だと思ったから、『映画ってこうやって撮るんだよ』っていう型にはめ込みすぎることなく、平手さんに自由にやってもらったらすごくいい響になる気がするって思っていました」と告白。

 演技する平手を見て「初日から響がいるって思ったので、原作の先生もそう思って下さったんだと思う。それを早くみなさんにもお見せしたかったし…うれしいです」と感涙。「ずっと見守ってきたから…感極まっちゃいました」と涙をぬぐった。

 そして平手も「いい出会いをさせていただいた、本当にありがとうございました」と共演者に感謝の言葉を述べていた。 イベントにはほかに、アヤカ・ウィルソン(21)、高嶋政伸(51)、北村有起哉(44)、板垣瑞生(17)、月川監督も出席した。

あなたにおすすめ