庭のフリースペースを活用した夏の過し方【旅館みたいな平屋暮らし】

日刊Sumai

2018/9/14 17:50

私たちはまわりを田んぼで囲まれた長閑な田舎に家を建てました。小さな平屋の家です。
小さな家ですがこだわりをたくさん詰めました。
この連載では我が家の家づくりについて綴っていきたいと思います。
今回は、酷暑が続いた夏の庭での過ごし方をご紹介いたします。
娘とお庭でプール遊び!庭でのフリースペースを活用
今年の夏はお庭で娘とプール遊びをたくさんしました。
お庭の中心には高さのあるケヤキがあります。
そのケヤキのまわりはいろんな過ごし方ができるようにフリースペースとして空けています。
プール
庭の中心に敷かれた洗い出しの上にプールを設営
そこにプールを設営しました。
このフリースペースはタテヨコ5m程あり、洗い出しが敷かれているので、プールの底や子どもの足に泥が付くことがありません。
我が家には縁側があります。
縁側には軒をしっかり長く設けた屋根がありますので陰がつくられます。
縁側でプール
縁側の軒下でプール休憩
ここで子どもは休憩したり、身体をタオルで拭いたり服に着替えたりします。
家の中が濡れなくて済みます。
リビングとダイニングの庭側には大きな窓があります。
リビングダイニング
リビングダイニングからお庭を見る
この窓のおかげで、何か用事で家の中に入っている時でも外で遊ぶ子どもの様子が伺えて安心です。

涼しい朝はお庭でピクニック気分で朝食!
朝が涼しい日は家族みんな集まってお庭で朝食をしました。
家のダイニングで食べる朝食とは、また違った雰囲気になります。
朝食
お庭で気持ちよく朝食
ピクニックにでも行っている気分になって娘のテンションも高いです。
この時でもケヤキのまわりに設けられた洗い出しのフリースペースにテーブルや椅子をセッティングします。
フリースペース
ケヤキのまわりに敷かれた洗い出しがフリースペース
キッチンからも縁側を通ってすぐにお庭に出られますので、キッチンから朝食や食器などをストレスなくお庭に運べます。
キッチン
キッチンからも窓を開ければずくにお庭に出られます
なので、我が家ではお庭でランチしたりコーヒーしたりとお庭で過ごすことが多いです。

いかがでしたか?
我が家の夏の過ごし方をご紹介たしました。
まだ暑い日が続いていますが、少しでも涼しい気持ちになってくれたら嬉しいです。

あなたにおすすめ