「高嶺の花」のハッピーエンド風な最終回に「エヴァもどき」の声

アサジョ

2018/9/14 18:15


 9月12日に最終回を迎えた、石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)。平均視聴率は11.4%と自己最高を更新したが、ネット上では「この茶番感は何?」「伏線がまったく回収できてない!」「エヴァのラストをパクッたような意味不明ぶり」「野島伸司はオワコン確定」など、手厳しい声が目立っている。

石原さとみ演じる月島ももは、峯田和伸演じる“ぷーさん”こと風間直人と結婚。芳根京子演じる月島ななは千葉雄大演じる宇都宮龍一とラブラブ状態に。その龍一(千葉)と肉体関係を持っていた戸田菜穂演じる月島ルリ子は小日向文世演じる現・月島流家元の市松から愛されていると感じ「(家元の子を)もう1人産んでみせます」と謎の出産宣言をして“元サヤ”にリターン。自転車で日本1周していた、舘秀々輝演じるひきこもり中学生・宗太はぷーさんらが住む商店街にほっそりした姿になって戻り、ほぼ登場人物全員から「おかえりなさい」と拍手をされた。

「ドラマのラストはもものアップで終わりましたが、その前段階ではひきこもり中学生・宗太が、商店街の人々から『おかえりなさい』と口々に祝福されていました。この様子がアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のラストで、主人公の碇シンジが登場人物たちから口々に『おめでとう』と拍手をされるシーンによく似ていると感じた視聴者が多かったようです」(テレビ誌ライター)

これまでの野島伸司脚本ドラマなら、最終回で誰かが命を落としたり、人を殺めたりするのではないかと予想されていたが、実際は「登場人物全員がとりあえずハッピーエンド」で締めくくられた「高嶺の花」。最終回の視聴後にモヤモヤした気分になる作風は、昨今の流行なのかもしれない。

あなたにおすすめ