クリス松村 吉澤ひとみ容疑者ひき逃げ映像で“別の衝撃”「無関心…哀しみ覚えた」

 タレントのクリス松村が14日、自身のブログを更新。元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ容疑者(33)のひき逃げの瞬間をとらえた映像から判明した「別の衝撃」について記した。

 写真週刊誌「FRIDAY」がデジタル配信した吉澤ひとみ容疑者のひき逃げ映像。吉澤容疑者が運転していたとみられる白いワゴン車が赤信号を無視して横断報道に侵入し、自転車に乗った女性に激突。女性が道路上に吹っ飛ばされたが、周囲にいた学生は助けることも、救急車を呼ぶそぶりも見せず横断歩道を渡っていった。

 ひき逃げ画像を見たというクリスは「事故ではなく事件だと思いましたが、それとは全く別の衝撃を受けました」として「あんなに凄い勢いで自転車と人をはねた現場を見て、見た映像では、その場にいた女子学生たちが…誰ひとりとして、はねられた人のもとに行かないで駅に向かっているという」と、その情況を説明。さらに、「もしかしたら、その後に声をかけた可能性はありますが、見た映像の時間の間にそういう姿がなかったことに…哀しみをおぼえました。通りすぎた学生たちは、声をかけ、警察に連絡するということを人としてすべきでしたが…通りすぎる姿が映像からは…かなり冷静というか…無関心…」と、誰も行動を起こさなかったことを嘆いた。

 「残念なことばかりが映る、数秒の人間模様はいろいろ考えさせられます」とクリス。ブログのコメントには「私も悲しさを覚えました」「声をかけてあげるという思いやりは無かったのだろうか」「お勉強より、大事な事が目の前にあるのに」などの声が寄せられた。

あなたにおすすめ