意外と多い三角関係!「絶対に私を選ばせる」方法は?

愛カツ

2018/9/13 17:44


意外と多い三角関係!「絶対に私を選ばせる」方法は?

平和に恋をしたいから、できれば関わりたくない「三角関係」。でも、三角関係は一部の人だけに起こることではありません。

知らないうちに自分の彼氏に片思いしている女子がいたり、今イイ感じな「付き合う直前」の彼にだって、別れかけの彼女や、ほかの「イイ感じ」な女子がいたりすることも……。

そんな時、自分の方を選んでもらうには? 三角関係にもコツがあるんです!

三角関係

■ 「とにかく外野は無視」が鉄則!

自分が三角関係に巻き込まれていると知った時、相手の女子が気になって仕方なく、彼女のやることなすことにイライラしてしまう人も多いはず。

「あの子何?」と彼を詰めたり、彼の周りにいるライバル女子のファッションメイクをマネしてみたり。

でも、三角関係では、ライバルの状態はあまり関係ありません。自分とタイプが違っても、「ああいう人がいいのね!」と思い込むのは早いです。

女子だって、歴代の彼氏が全部同じタイプという人は少ないですよね?好みにはバリエーションがあるはず。

そして、二人の女子が同じことをすれば、彼にとってなじみのある方が正直有利です。

でも、そのうえで相手はどんな女子なのか程度は押さえておきましょう。それを踏まえて「相手にない長所をアピール」するなどして彼との関係を固めていくべきです。

彼との関係さえしっかり深まれば、特に何も働きかけなくても、ライバルが勝手に自滅していくことも。

また、三角関係だと、あることないこと噂を吹き込んでくる外野もいますが、そういう人も、相手の女も、とにかく自分と彼以外の外野は無視! が鉄則です。

■ これをしたら絶対振られる!禁じ手とは

三角関係の禁じ手とは

三角関係が、どちらかの女子が振られる形で終わるとき、「選ばれた女子の方がダントツで愛されていたから」とは限りません。

むしろ、「迷う彼に無理に決断を迫った」「相手の女子の悪口を吹き込むなど、攻撃しまくった」方が、「ちょっとついていけない」と振られてしまうことが多いんです。

彼に「なんでこんなに追い込まれなきゃいけないの?」「性格悪そう」「面倒くさい」と思わせてしまうのが敗因です。

三角関係と言っても、ずっと二股をかけるつもりの男性はそう多くありません。三角関係で負けるのは「焦ったほう」「彼を急かしたほう」というのは、肝に銘じておきたいところです。

■ 三角関係で勝つコツとは

三角関係で勝つコツって?

「負ける原因」が決まっているなら、「勝つコツ」だってわかるはず。

自分がもともと本命で、相手の女子が後発の場合は、「彼に褒められた長所を磨く」のがコツ。

同じことをすればなじみのある女子の方に利があるので「この子のこういうところ、やっぱりいいよな」と思わせる方向で行きましょう。

付き合いたての気持ちを思い出させるような思い出スポットに出かけるのも効きます。

あとから参入する時はフレッシュさが肝心。本命のマネをしても、同じものは2ついらないので勝てません。

また、彼が「彼女とはもう別れようかと思ってる」などと言った時も「じゃあ別れちゃえ!!」と彼女の悪口をノリノリで言うのもNGです。

自分が彼女の悪口を言うのは良くても、人に言われるのはムカつく!という男性も多いもの。「君に言われたくない」と、手のひらを返してくるかも。

絶対に同じ土俵に立たず、「好きすぎて必死になりすぎちゃうのかもね」と同情している風を装いつつ、彼女とは逆の長所をアピールするのが効きますよ。

■ とにかく「暴走しない」が肝心

恋はタイミングなので、時には三角関係に巻き込まれることもあり得ます。

でも、一時の感情で暴走したほうが泣くはめになるのが三角関係。自分の魅力を信じて頑張りましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ