片岡鶴太郎のギャグが炸裂!ゼロ係の小ネタを一挙紹介

ザテレビジョン

2018/9/14 17:39

テレビ東京系ほかで放送中の金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」が9月14日(金)に最終回を迎える。

美しいウエディングドレス姿の遺体が次々発見されるなど、緊迫したストーリーが進んでいくが、そんなシリアスな展開とは裏腹に、片岡鶴太郎演じる、横山係長のギャグが炸裂していた。

そこで、これまで放送で飛び出した横山係長のネタを一挙紹介!

【第1話】

「ナイスですね」(アダルトビデオの帝王・村西とおる)

熱々のおでん芸(オレたちひょうきん族)

【第2話】

「投げます、投げます。」(コント55号・坂上二郎の「飛びます飛びます」風)

【第4話】

カスカスダンス(オードリー・春日俊彰のカスカスダンス)

【第5話】

「ちょっちゅね~」(具志堅用高)

「ババンババンバンバン♪歯磨けよ!」(ザ・ドリフターズ)

「おばちゃまいただきます」(小森のおばちゃま(小森和子)のモノマネ)

[【第6話】

全力の「マッチで~す」(オレたちひょうきん族)

最終回では、これまでとは異なる、ちょっとした小ネタも盛り込まれているそう。

何が飛び出すのか、期待が高まる。

■ 「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」最終話あらすじ

3人目のウエディングドレス姿の遺体が発見され、これで冬彦(小泉孝太郎)がゼロ・レポートに書いた行方不明者は全員殺害された。

杉並中央署に神奈川県警との「ウエディングドレス連続殺人事件」合同捜査本部が設置された。3人目も前の2人同様、10年前の未解決殺人事件と同じ防腐剤でエンバーミングされていた。

だが、冬彦は解剖した湯川(石坂浩二)の話しぶりが引っかかり、娘の小夜子(有森也実)にも意見を求める。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/162123/

あなたにおすすめ