福田監督作品『スーパーサラリーマン左江内氏』は“リアル鬼嫁”がヒント

『勇者ヨシヒコ』シリーズに映画『銀魂』シリーズなどドラマ、映画、舞台とヒット作を連発する福田雄一監督が、9月13日放送のバラエティ番組『ダウンタウンDX』(読売テレビ制作・日本テレビ系)に初出演した。監督は人生のターニングポイントが「鬼嫁の浪費」だと紹介されると、妻に頭が上がらぬ暮らしぶりを語り出す。

放送作家として『ピカルの定理』『SMAP×SMAP』『笑っていいとも!』『新堂本兄弟』など数々のバラエティ番組に関わってきた福田雄一監督。その頃は一番多い時で15本くらいレギュラーを抱えていたという。

そんななか、ある映画の台本を書くことになり、羽住英一郎監督から「映画やドラマの台本を書きたいのならばバラエティのレギュラーを減らさないとダメだ」と言われ、ちょうど子どもが生まれたばかりで「お金が要るよな」と悩んでいた。

彼がそうやって家計を気にする一方で、妻は「勝手に車を買うような浪費家」なのだ。「知らないうちにジャガーを購入」したり、ふと気づけば「子どもの着ている服が10万円」だったりする。彼女は「私が家に居るおかげであなたは仕事をさせてもらっているのだから、あなたが稼ぐお金は全て私のもの」という論理を持っており、監督は家計について「今でもカツカツです!」と訴えた。

また、月9ドラマ『東京DOGS』(2009年10月期)の脚本を手掛け「仕事がたくさん入り、これはいいぞ!」と乗っていた頃、妻が2人目の子どもを妊娠する。おめでたは嬉しいのだが「私が産む前の2か月と生んだ後の4か月、何一つ仕事することなく家にいろ」と言われた。監督もさすがに冗談かと思ったが、毎日のように「お前仕事入れてないよな?」と確認されたという。基本的に「お前」と呼ばれ、気分で「てめえ」「クソ作家」になることもあるそうだ。

さらには「ご飯を作らない」のが普通で、監督は「結婚して20年経つが、たぶん彼女の手料理を10回も食べたことがない」と振り返った。

放送が終わると『【公式】今日から俺は!!まだまだ発表は続くぞ!!(kyoukaraoreha_n)ツイッター』で「福田監督の奥様話がスーパーサラリーマン左江内氏の鬼嫁に繋がるという 懐かしい写真」とドラマのオフショットを投稿した。

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(2017年1月期)に登場する主人公・左江内英雄(堤真一)と“鬼嫁”左江内円子(小泉今日子)の関係は、まさに福田監督夫妻を見るようである。

ちなみに福田監督によると妻は橋本環奈に背格好や感じが似ており、彼女を『銀魂』シリーズの神楽役やドラマ『今日から俺は!!』の早川京子役に起用した理由を、笑いながら「タイプだから」と話していた。

監督の方から惚れて、頼み込むようなかたちで結婚したというから“鬼嫁”であっても幸せなのだろう。

画像は『【公式】今日から俺は!!まだまだ発表は続くぞ!! 2018年9月13日付Twitter「福田監督の奥様話がスーパーサラリーマン左江内氏の鬼嫁に繋がるという」』『福田雄一 2018年9月14日付Twitter「昨夜のダウンタウンDXを受けて、妻に関するコメントをツイートしたら、激ギレされたので、先程の写真だけもっかい上げますね」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ