山根明元会長のバラエティー出演に「テレビ局はバカなの?」と批判殺到

まいじつ

2018/9/14 16:01


(C)Den Zorin / Shutterstock

9月8日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)に、日本ボクシング連盟前会長の山根明氏が出演した。

バラエティー番組初出演となった山根氏は自前のスーツ姿で登場し、一連の騒動について告白した。

山根氏はスタジオに登場するなり、 「僕はこの番組大好きなんです」と笑顔でコメント。 メディアやネット上を騒がせた「世界ではカリスマ山根といわれている」という発言については、「これは真実なんです。世界で聞いていただければ」と説明した。

また、自身の存在がどれだけ日本ボクシング界に好影響をもたらしたかに関しては、「プロの場合は同点もあるけど、アマチュアは〇か×が付きます。そうなると人間関係が絡みます。世の中に贔屓がないということはないが、金で買えない世界なので、人間関係を大事にできない人間が監督コーチになると不利です」と語った。

さらに、告発を受けた直後からメディアへ露出していることに関しても、「悪いことしている人が入院とかで逃げていたでしょ。それは絶対嫌だった」とコメント。日大アメフト部の内田正人前監督が、告発された後に入院したことを揶揄するかのような素振りを見せた。

世間を大きくにぎわせた “おもてなしリスト”については、「バナナもリンゴも食べません。間食はしませんから、ヤラセですよ」と否定。山根氏専用ともいわれている革張りの豪華なイスについても、「最初はパイプイスだったんです。何年か前にお尻を打って、尾てい骨にヒビが入ってしまって。そのときに(豪華な)イスを買って持って行ってたら、周りが用意するようになった」と、弁解した。

お騒がせキャラとして世間からの注目を集めている山根氏に、MCのハイヒール・リンゴは「吉本興業どうですか」とオファー。すると山根氏は「あるところからオファーが来ています」と答えていた。

ノリノリ山根氏に大バッシング


バラエティーにノリノリな山根氏に対してSNSでは、

《奈良判定や会計の問題についてまず説明すべき。バラエティーなんかに出ていいキャラじゃない》
《起用するテレビ局のモラルが大問題。バカなのか?》
《見ていて不愉快になった。これほどアマチュアスポーツの根幹を揺るがすような問題を起こしておきながら、なんで悠々とテレビ出演できるんだ?》
《あの傲慢な顔を見ていると腹が立ってくる。二度と出さないでほしい》

などと批判の書き込みが広がっている。

「山根会長は、連盟の不正会計の件では今後、刑事告訴される恐れがあります。今のタイミングでバラエティー番組に起用するのはリスクがある行為でしょう。芸能事務所に誘われているのも事実だと思いますが、山根氏と契約した事務所が大バッシングを食らうのは確定的です」(芸能関係者)

今回の『胸いっぱいサミット!』の出演で、山根元会長は『スッキリ』(日本テレビ)や『バイキング!』(フジテレビ)などからもオファーを受けているという。

「しかし山根氏は、かつて自身を攻撃してきた報道系バラエティー番組には、二度と出ないと周囲に漏らしているといいます。自由に発言できる番組がいいと考えているらしく、もしかすると『ワイドナショー』(フジテレビ)あたりにゲスト枠で出るかもしれません」(同・関係者)

世間のズレなど気にせず、山根氏はブレークタレントとなってしまうのだろうか。

【画像】

Den Zorin / Shutterstock

あなたにおすすめ