劇団ひとり「すべった記憶を全部消したい」


お笑い芸人の劇団ひとりが14日、都内で行われたNetflixオリジナル映画『ネクスト ロボ』(世界190カ国で配信中)の親子プレミア上映会イベントに、タレントの小倉優子と共に登場。消したい記憶を聞かれ、「すべった記憶を全部消したい」と話した。

同作は、孤独な少女メイと勇敢でピュアな戦闘用ロボット7723の絆と冒険を描いたアニメーション映画。メイの愛犬・モモ役として声優を務めた劇団ひとりは「7割くらいが鳴き声で、そこが非常に大変でした。本気の鳴き声をやりまして…。本当の犬の鳴き声を使えばいいじゃないかってくらいリアルを求められたんです。頑張りました!」と鳴き声に苦戦したと明かした。

また、「家で鳴き声を練習していると家族の視線も冷たいですし、ご近所さんにも迷惑ですから、夜中に車の中でずっとワンワンしていました」と明かし、「よかったです、職質(職務質問)されないで」と笑った。

ロボット7723が、容量オーバーで毎晩記憶を消さなければいけないということにちなんで“消したい記憶”を聞かれると、「すべった記憶を全部」と返答。「芸歴20数年ありますから、全部すべった記憶を消したら空き容量相当増える。全部足したら相当すべっていると思うので」と言い、その記憶を消したら「何にも怖くなくなる」と語った。

あなたにおすすめ