AKB48メンバーが、タイ王国プラユット・チャンオチャ首相に表敬訪問!【写真11枚】

EXweb

2018/9/14 15:00


(C)AKS

今年12月にバンコクにて行われる「Maya International Music Festival2018」出演に向け、AKB48メンバーが9月11日~13日に渡り、タイのバンコクにてPR活動を行った。

12月8日、9日にタイ・バンコクにて開催される「Maya International Music Festival 2018」 へAKB48出演が決定したことに伴い、佐々木優佳里、中西智代梨、岩立沙穂、茂木忍、千葉恵里、浅井七海の6名がバンコクを訪問。(AKB48出演は12月9日)

9月11日から13日にわたって、タイの人気番組 WORK POINT CHANNEL『I Can See Your Voice THAILAND』『Hong kao bun teung』、Channel3『RUENG LAO CHAO NEE』の3番組に出演し、タイで話題の『恋するフォーチュンクッキー』や『ヘビーローテーション』等の歌収録を行った。また、タイのライフスタイルマガジン『Around Magazine』、タイ最大の日系情報誌『Weekly Magazine WiSE』の単独インタビュー、多数の現地メディアによる囲み取材も実施した。

13日には、タイ王国プラユット・チャンオチャ首相官邸に表敬訪問し、プラユット首相が出演する番組『Thai khu fah』の生配信も行った。

プラユット首相は、AKB48メンバーを笑顔で迎え、「タイではAKB48の姉妹グループであるBNK48が大変盛り上がっているので、日本とタイの友好の架け橋としてこれからもよろしくお願いします」とコメントし、終始和やかな雰囲気で生配信が行われた。

また、プラユット首相からのリクエストで、『恋するフォーチュンクッキー』を首相や地域の子どもたちの前で披露するシーンも。最後は、『恋するフォーチュンクッキー』の振付にもある「おにぎりポーズ」やタイで古くから伝わる「タイポーズ」での写真撮影。今回の訪問では、AKB48メンバーにとって大変光栄で貴重な時間を過ごすことができたようだ。

あなたにおすすめ