“BOOKS FOR ALLプロジェクト”本格始動 「読書の秋」にあわせ、本を楽しむイベントや事業報告会などを開催


公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(所在地 東京都新宿区/会長 若林恭英/以下、シャンティ)が、2018年9月より“BOOKS FOR ALLプロジェクト”を本格始動することを発表した。

シャンティではこれまで36年にわたり、図書館建設や図書館員の教育を進め、アジアの子どもたちへ29万冊以上の翻訳絵本を届ける活動、各国の民話を復刻し出版する活動を行ってきた。

しかし世界を見渡せば「本を知らない」子どもたちはまだ多く存在している。貧困や児童労働など様々な問題が本と子どもたちの縁を閉ざしているのだ。

今回、本格始動する「BOOKS FOR ALLプロジェクト」は、“すべての人が本のある人生を送れるようになることを目指し、これまで以上に様々な個人・法人と協力し、シャンティの活動を盛り上げていくプロジェクト。

アジアを中心に「読書の機会」「支える人」「安心できる場所」をつくるプロジェクト。支援をする地域と1年間に取り組む目標を毎年設定し活動を行う。

「読書の秋」にあわせ、9月から11月の間、現地で本を手にした子供たちや1冊の本との出会いから未来を切り拓いた人々のストーリーを紹介するイベントや、海外で活動する職員が現地の様子をお伝えする事業報告会、絵本づくりワークショップや子どもたちといっしょに本を楽しむイベントなどを実施する。

【イベント詳細】

【イベント内容・日程】
9月27日(木)カンボジア駐在員報告会「カンボジアの幼児教育の今」
9月29日(土)日比谷カレッジ「アジアの人々と図書館」
9月29日(土)~30日(日) グローバルフェスタ2018
10月10日(水)「難民を受け入れる社会とは?」
10月11日(木)企業CSR担当者向けイベント「絵本を届ける運動活動報告会」
10月30日(火)~11月1日(木)図書館総合展

詳細は下記シャンティオフィシャルサイト内イベント情報ページで。

情報元:mevie.it

あなたにおすすめ