滝沢秀明が突然の引退… 抱えていた悩みや、これからの動きは?

grape

2018/9/14 11:31


※写真はイメージ
アイドルとして活躍している滝沢秀明さん。

その見事なパフォーマンスはもちろん、兄貴肌で面倒見がよく、ジャニーズの後輩から慕われていることでも知られています。

そんな滝沢秀明さんが突如発表した芸能活動引退や、期待されるが故の悩み、今後の活動についてなど、さまざまな情報をご紹介します!

滝沢秀明ってどんな人?

まずは滝沢秀明さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1982年3月29日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:169cm

所属事務所:ジャニーズ事務所

幼いころから『KinKi Kids』の堂本光一さんに憧れていたという滝沢秀明さん。13歳の時にオーディションを受け見事合格し、ジャニーズ事務所に入りました。

当初からジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さんからの期待度は高く、入所したその年の内にドラマ『木曜の怪談』(フジテレビ系)で初主演。1998年放送のジャニーズJr.がメインのバラエティ番組『8時だJ』(テレビ朝日系)ではMCを務めるなど、ほかのジャニーズJr.とは別格の扱いを受けていました。

1999年にはドラマ『魔女の条件』(TBSテレビ系)で、女優の松嶋菜々子さん演じる教師と恋に落ちる生徒役を熱演し、大きな話題に。

※写真はイメージ

活躍が目覚ましい滝沢秀明さんでしたが、後輩のサポートに回ることが多く、CDデビューが遅れてファンをやきもきさせる時期が長く続きます。

2002年9月に、今井翼さんと『タッキー&翼』を結成してファン待望の歌手デビュー。当時、ファンからは「本当によかったね」「ずっと待っていました」といった歓喜の声が寄せられていました。

その後も幅広く活躍する中、特に舞台には力を入れて、自身で演出なども行いました。

順風満帆に見えた滝沢秀明さんでしたが、2014年10月に相棒である今井翼さんがメニエール病(強いめまいや耳鳴りなどの症状を起こす耳の病気)と診断され活動を休止するという事態に。

滝沢秀明さんはそれでも今井翼さんの体調が回復することを願って、2人で行うコンサートの演出をそのままにして1人で舞台に立ったことも。

一時、今井翼さんの体調が回復し2人で活動を再開したものの、2018年3月にメニエール病が再発し、今度は無期限の活動休止。『タッキー&翼』の存続が危ぶまれていました。

それでもファンは『タッキー&翼』の復帰を願っていたのですが、2018年9月に解散。滝沢秀明さんは同年いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニーズ事務所の後輩たちを育て、プロデュースする裏方の仕事に入ることを発表しました。

滝沢秀明と櫻井翔は仲が悪い? そこから見えた期待されるが故の悩み

多くの後輩から慕われている滝沢秀明さんですが、ファンの間では『嵐』の櫻井翔さんとは「仲が悪い」とまことしやかにささやかれていました。

その理由は一緒にTV番組に出演してもひと言もしゃべらず、ほとんど共演もしないことからだといわれています。

そんな2人の『不仲説』に、2016年7月14日放送のバラエティ番組『櫻井・有吉 THE夜会』(TBSテレビ系)が徹底的に切り込み、その関係性と、滝沢秀明さんの悩みが浮き彫りになるシーンがありました。

同番組では、本音を聞くために2人だけのロケを敢行。約13年間も共演することがなかったという2人は、冒頭で少し緊張した様子を見せます。

それぞれが「仲が悪いということはない」と必死にアピールしていましたが、個室で2人っきりになり、お酒が入ると本音がこぼれはじめました。

※写真はイメージ

2人が『嵐』や『タッキー&翼』に入る前、滝沢秀明さんはジャニーズJr.の中では別格で、ドラマの主演やバラエティ番組の司会なども務めていました。

どうやら櫻井翔さんはそのことについて快く思っていなかったようで、このように語ります。

俺はタッキーのことをナナメに見ていたと思う。自分から離れていったと思う。
櫻井・有吉THE夜会 ーより引用周囲と比べて飛び抜けて活躍していた滝沢秀明さんに、いい感情を持っていなかったと打ち明ける櫻井翔さん。「自分はなるべく端のほうにいて、活躍するタッキーを『なんだかなぁ』と思いながら見ていた」と告白します。

そのことについては後ろめたさがあり、現在では当時の滝沢秀明さんの苦労が分かるとして、「謝りたい」と語りました。

すると、櫻井翔さんが本音を語ったことで、滝沢秀明さんからも本音が出てくるようになっていきます。

櫻井翔さんのそういう気持ちに「感づいていたかもしれない」とひと言。そして、このように語りました。

あのころは、周りのみんなが敵に見えてたんだよね。それこそ、ジュニアもそうだし、ファンの人とかも、俺が行くとこ敵だらけみたいな。

ほかのファンからすれば面白くないじゃん。多分ね。「滝沢ばっかり」って。

だから、当時はきつかったよ。いま考えれば、それも楽しい時間かなって思えるけどね。
櫻井・有吉THE夜会 ーより引用本音を話すことで、長年のわだかまりが解けた滝沢秀明さんと櫻井翔さん。スタジオでは、共演者に勧められて互いにハグをしていました。

滝沢秀明さんは、事務所からの期待の大きさと、周囲からのやっかみに複雑な想いを抱いていたようです。

滝沢秀明が引退を発表 激震が走る

2018年9月13日、滝沢秀明さんが年内で芸能活動を引退することと、同年同月10日付けで『タッキー&翼』が解散したことが、オフィシャルサイトにて滝沢秀明さん・今井翼さんの連名で発表されました。

こちらが、その全文です。

本日は私達、滝沢秀明と今井翼から、今までタッキー&翼を支えてくださった多くの皆様へ大切なご報告をさせて頂きたいと思います。

タッキー&翼の活動休止から約1年が経過致しました。それぞれの時間を過ごす中、これからの2人、そして滝沢秀明、今井翼各々の人生について、深く考える時間を持つことができました。それはこれまでタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼を支えてくださった皆様のご期待に応える活動を今後も継続していくことが出来るのか、自分達はこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、この度、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことに致しました。

タッキー&翼をこれまで愛してくださったファンの皆様、常に応援し続けてくださった多くの皆様のお気持ちにお応えすることが出来ないままで、大変申し訳ない気持ちで一杯ですが、共に30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解頂けたら幸いです。

私、滝沢秀明はタッキー&翼の解散をもって年内一杯で芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決意致しました。これは私自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことであります。

そして私、今井翼は現在も病気療養中の身です。先ずは自分の身体としっかり向き合う為、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います。この先のことについては、全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います。

繰り返しになりますが、デビューから今日まで、私達を支えてくださったお一人お一人に今までの感謝を申し上げたい気持ちではございますが、このような形でご報告になりました事をお許しください。

これからはそれぞれの道を歩むことになりますが、2人のことを見守っていただけたらとても嬉しく思います。
Johnny's net ーより引用滝沢秀明さんは芸能活動を引退し、ジャニー喜多川さんの意思を継いでプロデュース業に専念。今井翼さんはジャニーズ事務所を退所し、病気を克服してから芸能活動を再開する意思があることを語りました。

この発表に、多くのファンから驚きと悲しみ、そして応援の声が寄せられています。

・タッキーが芸能活動を引退しちゃうの、本当にさみしい。ツライ。

・突然のことで驚いた。いろいろ考えた上での選択だったんだろうな。お疲れ様でした。

・2人が見られるなくなるのはとっても悲しいけど、これからも応援しています!

この発表と同時に、なんとジャニー喜多川さんも異例のコメントをジャニーズ事務所のオフィシャルサイトに掲載。その想いを語りました。

株式会社ジャニーズ事務所は1962年の創業以来、プロデューサーである私ジャニー喜多川と経営者であるメリー喜多川そして途中から経営陣に藤島ジュリーが加わり、三人で力を合わせて芸能事務所としてタレントの育成、ジャニーズらしい舞台演出、そして所属タレントのテレビ出演等を通じ、「エンターテイメントで世界中の皆様に幸せをお届けする」ことに努めて参りました。

私の創作活動はファンの皆様の温かいご支援と無限の可能性を秘めたタレント達の才能と努力によって成立していますが、お世話になっている関係者の皆様と社員が一丸となってタレントを温かく見守り、私を支えてくれた結果でもあると全ての皆様に心より感謝いたします。

めまぐるしく進化する芸能の世界で、ジャニーズ事務所が変わらず皆様により良いエンターテイメントをお届け出来るよう経営面では藤島ジュリーが日々精進しておりますので、私は一途にプロデューサーとしての位置をKeepし、数多くの創作活動を続けることが出来ております。

これまで私はタレントを生み育てた親(プロデューサー)として、タレント達はどのような場所でどの様な立場であろうと私の大切な子供達であると話して参りましたが、この気持ちに変わりはありません。私のもとで成長しましたタレントたちは全員平等です。彼らが私の創作活動を通じて何かを得て、今後の芸能の発展に貢献してくれれば、これほど嬉しいことはありません。あらゆる分野に活躍の場を広げているタレント達が私の後継者として皆様に夢をお届けし、彼らの活動によって喜んで頂ける方達がいらっしゃることが私にとって最大の喜びです。

私の意思を継承してくれるタレントを絶え間無く育成する養成所を設立する事が、私にとりましては一朝一夕で叶えることが出来ない永年の夢であり、希望そして願いでした。これまでも事務所にレッスンスタジオはございましたが、タレント達にとって必要な基礎と応用の全てに対応出来る場所を作りたいと考えて温めてきた構想がいよいよ形になります。

今般、滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、「ジャニーズJrたちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい。」と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています。

芸能活動も時代と共に何処までという線引きも不可能な位、進歩・開発・多様化されていますので、私の頼もしい後継者達が今後も切磋琢磨して皆様が求めるエンターテイメントをお届けする為に頑張ってくれることに期待しています。

私自身は現在も劇場やスタジオに赴く日々を過ごしております。これからも仕事を続けることでタレントと共に精進して参りますので、より一層のご支援を頂けますようよろしくお願い申し上げます。
ジャニーズ事務所 ーより引用滝沢秀明さんからの「ジャニーさんを手伝いたい」という言葉を聞き、涙がこぼれそうになったというジャニー喜多川さん。滝沢秀明さんへの感謝もつづっています。

この事態に、滝沢秀明さんと関わった多くの芸能人が反応しています。

赤西仁さん

滝沢秀明さんと多く共演し、仲がいいという元『KAT-TUN』の赤西仁さんは、心の叫びをツイッターに投稿しました。

ヒロミさん

バラエティ番組『有吉ゼミ』(バラエティ番組)で共演し、滝沢秀明さんのDIYの師匠であるタレントのヒロミさんも、ブログで心境を語っています。

話を聞いた時は驚いたけど
滝沢らしいかなとも思いました。

彼が16歳の時にJrのリーダーとして
番組を一緒にやらせてもらいました。

責任感が強く真面目で
一生懸命Jrの子達をまとめようと
16歳の彼が頑張っていました。

ここ何年かはおれの大工仕事を
一生懸命手伝ってくれるいい相棒でした。

おれの事を棟梁 棟梁って言って
慕ってくれていた滝沢が手伝って
くれなくなると寂しいけど
彼なりに考え抜いた結論だと
思うので、素直に応援しようと思います。

最後にもう一回何かを一緒に
作れたらいいけどな~
ヒロミ オフィシャルブログ ーより引用

滝沢秀明のこれからは

滝沢秀明さんは2019年放送のドラマ『孤高のメス』(WOWOW)で主演を務めることが決定していました。

引退を発表したといっても2018年内は活動を継続するので、その間に撮影が終わるのか、それとも出演を辞退ということになるのか、まだ具体的なことは発表されていない状態です。オフィシャルサイトにも新しい情報はなく、今後の動きを多くの人が見守っています。

新しいステージへと足を踏み出そうとしている滝沢秀明さん。これからの活躍から目が離せません!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ